top of page
  • 執筆者の写真竹内

「啓蟄」を楽しみましょう

春分や秋分、夏至、冬至といった二十四の節気(約15日ごとの区分)をまとめて「二十四節気」と呼びます。2023年は、3月6日より大地が温まって冬眠をしていた虫が穴から出てくる「啓蟄( けいちつ)」と呼ばれる節気となります。


最近は広く晴れて気温が上がり、暦通り春を実感する暖かさになりました。ようやく、皆さんも動きやすくなってきたのではないでしょうか?


ただ近年は、コロナ感染症予防対策として長期間の外出自粛・社会参加の制限で在宅時間が増えたことにより、コロナフレイル(足腰の衰えや気力の低下)が急増したと言われています。


皆さんには、以下のような変化はありませんか?


・散歩や買い物などで外出することが減った


・歩くスピードが以前より遅くなった


・他の人との交流が減った(例えば週1回未満)


・買いも二に行けないなどで、バランスの良い食事ができていない


・人に同じことを何度も尋ねるなど、物忘れが気になるようになった


・以前と比べると、ふくらはぎが細くなった


・家族や友人とのコミュニケーションが減り、滑舌が悪くなってきた


・最近、楽しいと感じることがほとんどない

              

参考:スポーツ庁「スポーツを通じた高齢者向け健康二次被害予防ガイドライン」2020

 

思い当たることが複数ある人は要注意です。動きやすくなってきたこの時期だからこそ、対策として、できることから少しずつはじめてみましょう。


コロナフレイル予防の「た・ち・つ・て・と」を紹介いたします。


た …たんぱく質をたっぷり摂ろう

ち …ちょっとそこまで歩いてみよう

つ …つながりと会話を大切にしよう

て …でかけよう(週3回程度)

と …トレーニングで筋力アップしよう


参考:~人との関わりを増やして体も心も健康に~(健康二次被害防止コンソーシアム資料)


奈良東大寺のお水取りは、春の訪れを感じさせる行事として関西の人に親しまれています。暖かな陽気を感じ、虫たちはモゾモゾ・ウキウキ。その気持ちは私たち人間も同じですね。


外出にコートやジャンパーが要らなくなる日もすぐそこまで来ています。さあ、私たちも土の中の虫たちに倣って一歩外へ出て、みんなと会話をしながら体を動かし、啓蟄の日々を朗らかに過ごしましょう!




閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康を支える歯を守りましょう!

8020(ハチマルニイマル)運動をご存じですか? 「80歳で20本以上の歯を残そう」という歯の健康を推進する活動です。自分の歯が多いほど食事への満足度が高く、さらには全身へのさまざまな健康効果があると言われています。 成人の歯の数は28本(親知らずを入れると32本)、年を重ねても歯がたくさん残っている人は、歯科だけではなく総合的な医療費が少ないことが分かっています。 また、高齢化で増え続けている認

「骨卒中」に気をつけましょう

みなさんは、「骨卒中」という言葉を聞いたことがありますか? 「骨卒中」とは、「骨に突然起こる重篤な障害」を意味する造語です。つまり、高齢者の骨折は、寝たきりになることもあり脳卒中と同様に「ある日突然起きて命を脅かす」ことから「骨卒中」とも呼ばれるそうです。 そして、「骨卒中」の主な原因となるのが骨粗しょう症です。骨粗しょう症は、骨のカルシウム分(骨量)が減り、骨の強度が低下してしまう高齢者に多い病

食事を見直して低栄養を予防しましょう

皆さんは、フレイルやサルコペニアという言葉をご存知でしょうか?フレイルとは、身体能力のほか、精神的、社会生活面にも衰えがみられる状態、サルコペニアは、筋肉量が減少し筋力や身体機能が低下している状態を言います。 人生100年時代と言われる今、健康寿命を延ばすことの重要性が高まっており、将来の身体機能障害との関連が深いフレイルとサルコペニアの予防が重要視されています。 厚生労働省の令和元年度の国民健康

Comments


bottom of page