top of page
  • 執筆者の写真竹内

「啓蟄」を楽しみましょう

春分や秋分、夏至、冬至といった二十四の節気(約15日ごとの区分)をまとめて「二十四節気」と呼びます。2023年は、3月6日より大地が温まって冬眠をしていた虫が穴から出てくる「啓蟄( けいちつ)」と呼ばれる節気となります。


最近は広く晴れて気温が上がり、暦通り春を実感する暖かさになりました。ようやく、皆さんも動きやすくなってきたのではないでしょうか?


ただ近年は、コロナ感染症予防対策として長期間の外出自粛・社会参加の制限で在宅時間が増えたことにより、コロナフレイル(足腰の衰えや気力の低下)が急増したと言われています。


皆さんには、以下のような変化はありませんか?


・散歩や買い物などで外出することが減った


・歩くスピードが以前より遅くなった


・他の人との交流が減った(例えば週1回未満)


・買いも二に行けないなどで、バランスの良い食事ができていない


・人に同じことを何度も尋ねるなど、物忘れが気になるようになった


・以前と比べると、ふくらはぎが細くなった


・家族や友人とのコミュニケーションが減り、滑舌が悪くなってきた


・最近、楽しいと感じることがほとんどない

              

参考:スポーツ庁「スポーツを通じた高齢者向け健康二次被害予防ガイドライン」2020

 

思い当たることが複数ある人は要注意です。動きやすくなってきたこの時期だからこそ、対策として、できることから少しずつはじめてみましょう。


コロナフレイル予防の「た・ち・つ・て・と」を紹介いたします。


た …たんぱく質をたっぷり摂ろう

ち …ちょっとそこまで歩いてみよう

つ …つながりと会話を大切にしよう

て …でかけよう(週3回程度)

と …トレーニングで筋力アップしよう


参考:~人との関わりを増やして体も心も健康に~(健康二次被害防止コンソーシアム資料)


奈良東大寺のお水取りは、春の訪れを感じさせる行事として関西の人に親しまれています。暖かな陽気を感じ、虫たちはモゾモゾ・ウキウキ。その気持ちは私たち人間も同じですね。


外出にコートやジャンパーが要らなくなる日もすぐそこまで来ています。さあ、私たちも土の中の虫たちに倣って一歩外へ出て、みんなと会話をしながら体を動かし、啓蟄の日々を朗らかに過ごしましょう!




閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

風邪で長引く咳を緩和するには

2024年も気がつけば2月になりました。寒い時期ですが、体調を崩されたりしていませんか? 年明けに「風邪をひいて咳が治まらないのでお休みします」と連絡をくださった会員さんが数名いらしたので、今回は咳対策について書きたいと思います。 人は、空気の通り道である気道に異物が侵入した時、それを外に出そうと咳をします。つまり、咳は埃や細菌、ウイルスなどの異物が体の中に入らないようにするための防衛反応なのです

骨を強化して骨粗鬆症を予防しましょう。

骨は、私たちの身体の土台となる大切なもので、「身体を支える」「運動の支点となる」「脳や内臓などを守る」「血液(血球)をつくる」「カルシウムを蓄える」など、5つの大きな役割を担っています。 骨量は20代をピークに、その後徐々に低下していきます。女性の場合は、閉経以降急激に落ちていくのが特徴です。 骨を強化するための3本柱は、栄養・運動・日光浴と言われており、運動面においては、何歳からでもウォーキング

尿もれ対策をしましょう!

なかなか人には相談できずに悩んでいる人が意外と多い尿もれ、でも原因を知ることで解決策も見えてきます。 女性は男性に比べて尿道が短い上に、妊娠や出産の影響もあり、尿もれの悩みは女性の方が断然多いと言われています。 40代では3割の人に自覚症状があり、実は20代にも尿もれ経験者が多いことが分かっています。尿もれは、女性にとって年代を問わない身近な悩みと言えそうです。 尿もれ-女性に多い2つのタイプ-

bottom of page