• 樋口

「寒暖差疲労」を予防しましょう。

4月も終わりに近づき、日中は夏のように暑い日もあれば、雨が降るとまだ寒い日もあって、洋服選びにも困ることがありますね。


昔は、「季節の変わり目」に体調を崩すとよく言われていましたが、みなさんは大丈夫でしょうか。


「寒暖差疲労」という言葉をご存知ですか?気温差が大きい為に体温を調整する自律神経が過剰に働き、体が疲れてしまうことを言います。主な症状として、冷え、肩こり、首こり、頭痛、めまい、倦怠感などの症状が現れます。


そのような症状への予防対策として、効果的なものをいくつか紹介いたします。


・適度な運動をする


血液の循環を良くしたり、筋肉を増やすことで自律神経を鍛えられます。(ウォーキング、散歩などで、適度な運動を習慣化し、疲れにくい体を作る)


・首や肩をストレッチする

 

ストレスなどにより緊張しやすい筋肉を、緩めることで副交感神経が優位になります。(首の左右横倒し、肩甲骨まわり・腰・太ももの裏・ふくらはぎなどを伸ばす)


・体を温める食材やバランスの取れた食事を摂る


体を温める食材やバランスの取れた食事は、免疫力アップにつながります。(野菜は、煮物・お浸し・炒めものなど、なるべく火を通したものを食べる)


・入浴はしっかり湯船に浸かる


湯船に浸かると汗とともに老廃物が排出され、新陳代謝を向上させることができます。(毎日、寝る1時間くらい前に38℃~40℃程度の温度に、約15分~20分ゆっくり浸かる)


・規則正しい生活を心がける


食事、睡眠、排便など規則正しい生活を心がけることで、生活リズムの乱れからくる不調を予防できます。


冬から春、そして初夏へと季節が変わり、梅雨の後にやってくる真夏の酷暑でエアコンを日常的に使うようなると、戸外と室内で寒暖差が大きくなり、そういった環境が体調不良を引き起こし、長引かせます。普段から上述のようなことを日常生活に取り入れて、快適な毎日を過ごせるようにしましょう。



閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

二十四節気の小雪(しょうせつ‐2022年は11月22日)も過ぎ、北の方から雪の便りも聞こえはじめ、朝夕も冷え込みを感じる季節になってきました。今年は夏の暑さが長引き、11月下旬になってようやく紅葉が見ごろとなりましたね。 コロナ禍で思うように外出ができなかった昨今ですが、今は政府も「密にならず、ソーシャルディスタンスを取りながら、外に出かけましょう」と国民に呼びかけています。 最近では、気候の良さ

スポーツの秋、体を動かすにはいい気候になりましたね。人生100年時代と言われ、健康意識向上により平均寿命と健康寿命が毎年延伸しています。 先日、スポーツ庁で4万8千人を対象とした令和3年度体力テストの結果が公開されました。 新型コロナウイルスの影響もあって体力低下の傾向もみられましたが、各年代における運動習慣の年次変化では、65歳~74歳の年代の男性を除く65歳以上のすべての年代において上昇傾向に

朝晩は気温も下がって虫の声も聞こえ始め、徐々に秋のおとずれを感じる季節となりました。 猛暑の上にマスク生活で、夏のお疲れが出ていませんか?スッキリしない季節の変わり目、少しでも快適に過ごせるように、今回はリンパのはなしをしたいと思います。 よく耳にする言葉ですが、皆さんは「リンパ」と聞いて何をイメージしますか?むくみ・冷え・流れ…といったところでしょうか。 リンパとはリンパ管を流れるリンパ液のこと