• 花田

『高齢者の低栄養傾向 80歳以上で約2割』

厚生労働省の「高齢者の健康・生活習慣の状況が重点的に調査されたデータ」によると、特に男性高齢者の低栄養傾向が見えてきました。この低栄養傾向は、筋肉量に支障をきたしフレイルの引き金になって行きます。


※フレイルとは、加齢に伴い身体の予備能力が低下し、健康障害を起こしやすくなった状態を言います。※3月の記事「コロナ禍の中で春を迎えて」を参照


手足や体を動かす骨格筋指数の平均値は、男女ともに、たんぱく質の摂取量が多い人ほど、また肉体労働をしている時間が長い人ほど有意に高くなっています。(摂取量上位群の男性は全体の7.9%、女性が6.6%)


結果として、たんぱく質をしっかり摂り、身体を動かす習慣を継続させることが、100年時代を生きていく上で必要な条件となります。


また、低栄養傾向にある人には、週1回以上の外出の有無でも、有意な差が見られました。


withコロナの生活が続いていますが、しっかり感染予防をしながら、積極的に身体を動かすことで、自分の健康を守り維持していきましょう!


閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月も終わりに近づき、日中は夏のように暑い日もあれば、雨が降るとまだ寒い日もあって、洋服選びにも困ることがありますね。 昔は、「季節の変わり目」に体調を崩すとよく言われていましたが、みなさんは大丈夫でしょうか。 「寒暖差疲労」という言葉をご存知ですか?気温差が大きい為に体温を調整する自律神経が過剰に働き、体が疲れてしまうことを言います。主な症状として、冷え、肩こり、首こり、頭痛、めまい、倦怠感など

春になると、決まって毎日の天気予報で花粉飛散の情報が流れ、花粉症の薬や目薬のCMも多くなりますね。 2019年の環境省の花粉症環境保健マニュアルに、全国耳鼻咽喉科とその家族を対象とした調査が掲載されていました。 日本で花粉症の症状を持っている人の正確な数はわかっていませんが、1998年の花粉症有病率は約20%、2008年は約30%でした。この傾向から推測すると、現在は恐らくもう少し上がっているので

コロナ禍が続く中、テレワークや外出自粛等で、以前より座っている時間が増えた人が多いのではないでしょうか。 長時間の在宅で、意外に危ないのが「座りっぱなし」です。ずっと座り続けることで、血流や筋肉の代謝が低下して健康を害し、その結果、肥満・高血圧・心筋梗塞・がんなどを引き起こす可能性が高くなります。 WHO(世界保健機関)が2020年11月、10年ぶりに更新した「運動・身体活動および座位行動に関する