• 竹内

どんな身体活動にも意味がある

更新日:2月6日

コロナ禍が続く中、テレワークや外出自粛等で、以前より座っている時間が増えた人が多いのではないでしょうか。


長時間の在宅で、意外に危ないのが「座りっぱなし」です。ずっと座り続けることで、血流や筋肉の代謝が低下して健康を害し、その結果、肥満・高血圧・心筋梗塞・がんなどを引き起こす可能性が高くなります。


WHO(世界保健機関)が2020年11月、10年ぶりに更新した「運動・身体活動および座位行動に関するガイドライン」で、座位行動は最小限にとどめ、低強度でも問題ないので身体活動を取り入れることを推奨しています。


身体活動とは、安静にしているよりも多くのエネルギーを消費するすべての動作のことを言います。


日常の生活活動や家事も立派な身体活動です。年齢や能力を問わず、アクティブ(活動的・積極的・能動的)になることはできます。身体活動を難しく考えず、簡単に取り入れられることから、気軽に始めてみてください。


血行不良や筋肉低下を招きやすいのは、運動不足の人や長時間同じ姿勢のデスクワーカーなどです。そんな日常を送られている人は、特にこまめに体を動かす工夫をしてください。


1時間に1度は必ず立ち上がって、首や背中の曲げ伸ばしをしたり、トイレや物を取りに行くなど、少しでも体を動かす時間を作るようにしてみましょう。


第2の心臓ともいわれる足への刺激は、体全体に血流を促してくれます。(健康づくりテキストブックP13~17参照)


コロナ収束までは、もう暫く不自由な生活が続くと思いますが、安心できる日々が1日も早く戻ってくることを願い、未来に向けて楽しいことを好きなだけできるように普段から体調を整え、1日1日を大切に考えて健やかな日々を送りましょう。


寒さも厳しい時期なので、くれぐれも無理のないやり方でアクティブに体をほぐして、気分も血行も良好に‼

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月も終わりに近づき、日中は夏のように暑い日もあれば、雨が降るとまだ寒い日もあって、洋服選びにも困ることがありますね。 昔は、「季節の変わり目」に体調を崩すとよく言われていましたが、みなさんは大丈夫でしょうか。 「寒暖差疲労」という言葉をご存知ですか?気温差が大きい為に体温を調整する自律神経が過剰に働き、体が疲れてしまうことを言います。主な症状として、冷え、肩こり、首こり、頭痛、めまい、倦怠感など

春になると、決まって毎日の天気予報で花粉飛散の情報が流れ、花粉症の薬や目薬のCMも多くなりますね。 2019年の環境省の花粉症環境保健マニュアルに、全国耳鼻咽喉科とその家族を対象とした調査が掲載されていました。 日本で花粉症の症状を持っている人の正確な数はわかっていませんが、1998年の花粉症有病率は約20%、2008年は約30%でした。この傾向から推測すると、現在は恐らくもう少し上がっているので

寒さが厳しい季節には、便秘になりやすい要因がいくつかあります。 血行不良と水分不足 冬は体が冷えやすく、血行不良などで腸の働きが鈍くなります。また、空気が乾燥しているので、意識して水分補給をしないと体は水分不足になり、大腸まで水分が届きにくく便が固くなって便通が悪くなります。 運動不足と過度な飲酒 何かと多忙な年末年始は、ついついトイレを我慢したり、運動不足などで、便秘体質の人は症状をさらに進行さ