top of page
  • 執筆者の写真花田

はじめよう!フレイル予防 『オーラルフレイル』

80歳で20本の歯を有している人、つまり8020運動の達成者は、すでに2人に1人と、5割を超えています。


しかし平均寿命が男女とも80歳を超え、健康寿命の延伸の重要性が問われている現在、歯の本数だけではなく、それに加えて“口の動き(口腔機能)の衰え”を軽視しないことの重要性が注目され「オーラルフレイル」という概念が提案されています。


オーラルフレイルとは、口の機能の虚弱や衰えが全身の老化につながる、という考え方で、「口の衰え」は身体的、精神的、社会的な健康と大きな関わりを持っているのです。


日々の暮らしの中で、時々感じる口のささいな衰え(滑舌低下、噛めない食品の増加、むせなど)は、軟らかく食べやすい食事を選択することで、気にならなくなり、軽視もしくは放置されることもよくあります。


食べやすい食事ばかりをしていると、食欲や食事の質の低下につながり、そして、口の機能低下(噛む力の低下、舌の運動機能低下など)が進んでしまうと、さらに低栄養やサルコペニア(筋肉の減少)へと進んでしまい、それらが要介護状態や誤嚥性肺炎などの発生に大きく関与していることが、最近の研究で明らかにされました。


このような状態にならないためには、口まわりのささいな衰えを軽く考えず、いち早く「口の健康管理」を見直すといった行動が、対策の最初の一歩となります。


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

頻繁に足がつるときの対応について

おそらく、誰もが一度は足がつるという経験をしたことがあるのではないでしょうか。 つる部位は、ふくらはぎや足裏が多いと思いますが、突然足がつると痛みが治まるまでしばらく辛いですよね。 足がつる原因は色々ありますが、主なものとしては筋肉の過緊張、脱水(水分・ミネラル不足)、そして冷えなどがあります。 足がつって過緊張の状態を起こしている筋肉は、筋繊維が縮んだまま伸びなくなっていますので、緊張を取り除く

健康を支える歯を守りましょう!

8020(ハチマルニイマル)運動をご存じですか? 「80歳で20本以上の歯を残そう」という歯の健康を推進する活動です。自分の歯が多いほど食事への満足度が高く、さらには全身へのさまざまな健康効果があると言われています。 成人の歯の数は28本(親知らずを入れると32本)、年を重ねても歯がたくさん残っている人は、歯科だけではなく総合的な医療費が少ないことが分かっています。 また、高齢化で増え続けている認

「骨卒中」に気をつけましょう

みなさんは、「骨卒中」という言葉を聞いたことがありますか? 「骨卒中」とは、「骨に突然起こる重篤な障害」を意味する造語です。つまり、高齢者の骨折は、寝たきりになることもあり脳卒中と同様に「ある日突然起きて命を脅かす」ことから「骨卒中」とも呼ばれるそうです。 そして、「骨卒中」の主な原因となるのが骨粗しょう症です。骨粗しょう症は、骨のカルシウム分(骨量)が減り、骨の強度が低下してしまう高齢者に多い病

Comments


bottom of page