• 花田

はじめよう!フレイル予防 『オーラルフレイル』

80歳で20本の歯を有している人、つまり8020運動の達成者は、すでに2人に1人と、5割を超えています。


しかし平均寿命が男女とも80歳を超え、健康寿命の延伸の重要性が問われている現在、歯の本数だけではなく、それに加えて“口の動き(口腔機能)の衰え”を軽視しないことの重要性が注目され「オーラルフレイル」という概念が提案されています。


オーラルフレイルとは、口の機能の虚弱や衰えが全身の老化につながる、という考え方で、「口の衰え」は身体的、精神的、社会的な健康と大きな関わりを持っているのです。


日々の暮らしの中で、時々感じる口のささいな衰え(滑舌低下、噛めない食品の増加、むせなど)は、軟らかく食べやすい食事を選択することで、気にならなくなり、軽視もしくは放置されることもよくあります。


食べやすい食事ばかりをしていると、食欲や食事の質の低下につながり、そして、口の機能低下(噛む力の低下、舌の運動機能低下など)が進んでしまうと、さらに低栄養やサルコペニア(筋肉の減少)へと進んでしまい、それらが要介護状態や誤嚥性肺炎などの発生に大きく関与していることが、最近の研究で明らかにされました。


このような状態にならないためには、口まわりのささいな衰えを軽く考えず、いち早く「口の健康管理」を見直すといった行動が、対策の最初の一歩となります。


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

二十四節気の小雪(しょうせつ‐2022年は11月22日)も過ぎ、北の方から雪の便りも聞こえはじめ、朝夕も冷え込みを感じる季節になってきました。今年は夏の暑さが長引き、11月下旬になってようやく紅葉が見ごろとなりましたね。 コロナ禍で思うように外出ができなかった昨今ですが、今は政府も「密にならず、ソーシャルディスタンスを取りながら、外に出かけましょう」と国民に呼びかけています。 最近では、気候の良さ

スポーツの秋、体を動かすにはいい気候になりましたね。人生100年時代と言われ、健康意識向上により平均寿命と健康寿命が毎年延伸しています。 先日、スポーツ庁で4万8千人を対象とした令和3年度体力テストの結果が公開されました。 新型コロナウイルスの影響もあって体力低下の傾向もみられましたが、各年代における運動習慣の年次変化では、65歳~74歳の年代の男性を除く65歳以上のすべての年代において上昇傾向に

朝晩は気温も下がって虫の声も聞こえ始め、徐々に秋のおとずれを感じる季節となりました。 猛暑の上にマスク生活で、夏のお疲れが出ていませんか?スッキリしない季節の変わり目、少しでも快適に過ごせるように、今回はリンパのはなしをしたいと思います。 よく耳にする言葉ですが、皆さんは「リンパ」と聞いて何をイメージしますか?むくみ・冷え・流れ…といったところでしょうか。 リンパとはリンパ管を流れるリンパ液のこと