• 貝島

エクオールと免疫力

最終更新: 1月7日

エクオールとは?



大豆にはイソフラボンという成分が含まれています。厚生労働省研究所による大規模コホート研究でも、食品からのイソフラボン摂取量が多いほど、日本人女性の乳がんや脳梗塞、心筋梗塞のリスクが低下し、男性の一部でも前立腺がんのリスクが低下するという研究報告が出されています。


大豆イソフラボンの健康効果


食事から摂った大豆イソフラボン(ダイゼン)は腸で吸収されますが、その時ダイゼンという成分で吸収される人と、エクオールという成分で吸収される人がいます。この違いによってイソフラボンの健康効果に差が生まれ、エクオールの方がより高いエストロゲン活性を持ち免疫力を高めることがわかってきました。



エクオールを作ってくれるのは、腸内細菌です。

エクオール菌をしっかり活動してもらうためには、豆腐、納豆、豆乳など大豆食品を毎日食べることが大切であるようです。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍の中で春を迎えて

今年の冬は寒さが厳しく、日本海側は北海道から山陰にかけて大雪が降りました。コロナ禍による外出自粛で、ますます家に閉じこもることになり、この冬は、体を動かすことがとても減ったのではないでしょうか? 私の周りにも、病院に行った時にたまたま検査を勧められ、骨粗鬆症が分かった人や、お母様の介護のために月に2~3回通っていた体操教室を3か月間休むことになり、その間に足腰が弱って、些細なことで足首をひねって骨

運動不足になっていませんか?

運動をすると、セロトニンというホルモンの分泌が促されます。セロトニンは、精神の安定を図って気分を高揚させる働きがあり、日常のストレスから心身を守ります。運動不足が続くと、セロトニンの分泌量が減少し、うつ病などの精神疾患になるリスクが高まってしまうことがあります。 コロナの影響でどうしても活動が制限されていますが、運動不足は、体にさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。外に出なくても自宅で簡単にでき

筋トレのすすめ

新年あけましておめでとうございます。2021年がスタートしました。皆様、いかがお過ごしでしょうか? 昨年は、思いもよらぬ出来事が世界中に起こった激動の一年でした。新型コロナウィルス感染拡大の影響で、外出自粛や在宅勤務など人との接触を控える行動様式が広がりました。 今もなお、人との接触を控える傾向が強まっていますが、運動不足が長期化すると、健康状態が悪化し、免疫力も低下しかねません。 また、運動能力