• 樋口

コロナ禍の中で春を迎えて

今年の冬は寒さが厳しく、日本海側は北海道から山陰にかけて大雪が降りました。コロナ禍による外出自粛で、ますます家に閉じこもることになり、この冬は、体を動かすことがとても減ったのではないでしょうか?


私の周りにも、病院に行った時にたまたま検査を勧められ、骨粗鬆症が分かった人や、お母様の介護のために月に2~3回通っていた体操教室を3か月間休むことになり、その間に足腰が弱って、些細なことで足首をひねって骨折された人がいらっしゃいました。ともに、60歳前後の方です。


他にも、体力が落ちた、外に出るのが億劫になったという話をよく耳にします。この冬、寒さとコロナ禍で、外出や運動をする機会が減ったことが、怪我や体力の低下を招いていると言えそうです。


「フレイル」という言葉をご存知でしょうか。


「加齢に伴い身体の予備能力が低下し、健康障害を起こしやすくなった状態」いわゆる「虚弱」のことを言います。つまり、介護が必要になる前段階のことです。


高齢者のフレイルは、生活の質を落とすだけでなく、様々な合併症も引き起こす危険があります。しかし、フレイルは、早く介入して予防・対策を行えば、元の健常な状態に戻る可能性があります。(健康長寿ネット、公益財団法人長寿会科学振興財団のウェブサイトより)


フレイルには、体重減少や筋力低下などの身体的な変化だけではなく、気力低下などの精神的な変化や社会的なもの(閉じこもり、孤立、孤食)も含まれると言われています。これらの予防として推奨されている中の一つが運動です。


・ウォーキングや水泳、水中歩行などの有酸素運動


・筋肉の柔軟性を高め、関節の動きの改善を促すストレッチ


・筋力を強くし、筋肉量の増加が望める筋力トレーニング


・転倒防止や歩行速度を高める為のバランス訓練


(厚生労働省、フレイル予防に向けたアクティブラーニング形健康教育介入の効果、上村一貴より)


私達が推奨する健康体操は、フレイル改善につながっています。コロナ禍で引き起こしたフレイルも、体操によって少しずつ改善され、いずれ健康な状態を取り戻すことができると思います。自分の健康を守るためにも、私達と楽しく健康体操を続けていきましょう。


閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月も終わりに近づき、日中は夏のように暑い日もあれば、雨が降るとまだ寒い日もあって、洋服選びにも困ることがありますね。 昔は、「季節の変わり目」に体調を崩すとよく言われていましたが、みなさんは大丈夫でしょうか。 「寒暖差疲労」という言葉をご存知ですか?気温差が大きい為に体温を調整する自律神経が過剰に働き、体が疲れてしまうことを言います。主な症状として、冷え、肩こり、首こり、頭痛、めまい、倦怠感など

春になると、決まって毎日の天気予報で花粉飛散の情報が流れ、花粉症の薬や目薬のCMも多くなりますね。 2019年の環境省の花粉症環境保健マニュアルに、全国耳鼻咽喉科とその家族を対象とした調査が掲載されていました。 日本で花粉症の症状を持っている人の正確な数はわかっていませんが、1998年の花粉症有病率は約20%、2008年は約30%でした。この傾向から推測すると、現在は恐らくもう少し上がっているので

寒さが厳しい季節には、便秘になりやすい要因がいくつかあります。 血行不良と水分不足 冬は体が冷えやすく、血行不良などで腸の働きが鈍くなります。また、空気が乾燥しているので、意識して水分補給をしないと体は水分不足になり、大腸まで水分が届きにくく便が固くなって便通が悪くなります。 運動不足と過度な飲酒 何かと多忙な年末年始は、ついついトイレを我慢したり、運動不足などで、便秘体質の人は症状をさらに進行さ