• 中村

マスク着用による、熱中症のリスクについて

コロナ禍も3年目、今年の夏もコロナ感染と熱中症の両方の予防が必要となってきました。


コロナ感染予防には、ソーシャルディスタンス(身体的距離)の確保と3密(密接、密集、密閉)を避けることが基本、近距離で会話をする時はマスクを着用し、室内ではエアコンを使用中でもこまめな換気を心がけましょう。


熱中症予防には、外出時の帽子・日傘の着用、エアコンなどによる暑さ対策、こまめな水分補給と十分な睡眠を心がけ、暑さに耐えられる体力を維持しましょう。


これらは周知のことで、たくさんの方々が実践されているとは思いますが、この猛暑の中、第七波と言われて感染者数が急増したことによって、マスクを必要としない状況でも着用している人がとても多く見受けられます。


屋外で一人で行動しているのに、化粧をしていないから、人目が気になるからといった理由からマスクの着用を続けているようです。


マスク着用は飛沫の拡散予防には有効ですが、一方で心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇するなど、身体にかなり負担がかかります。また、口腔内の渇きをあまり感じないことことから、脱水症状を引き起こすことも懸念されます。


高温や多湿な環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高まることから、かなり注意が必要です。屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクを外すようにしましょう。


「喉が渇いてから水を飲む」のでは、熱中症対策としては遅いと言われています。マスク着用が必要な状況では、炎天下の外出、強い負荷がかかる作業や運動はなるべく避け、喉の渇きを感じる前に意識的にこまめな水分補給を心がけましょう。周囲の人との距離が十分にとれている場所では、マスクを外してゆっくり休憩することも必要です。


ストレスが多いこの夏、自分の身体の声に耳を傾け、無理をするのではなく、明日動ける自分の為に、今できる事をやりましょう!!そして身体のお手入れを続け、ストレス・暑さに負けない身体づくりをめざしましょう。




閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

梅雨の時期にむくみ、めまい、身体のだるさ、食欲不振などの体調不良を訴える人が増えています。ある調査によると、女性の約6割がそういった不調を感じているようです。 この時期の体調不良を、「湿邪(しつじゃ)」と呼びます。 東洋医学では、病気を引き起こすものを「邪気」と言い、「湿邪」とは、湿度の高い時期に余分な水分や老廃物が体内に溜まることで引き起こされる心身の不調のことです。 体内に溜まった余分な水分や

一年の中でとても気持ちの良い新緑の季節、いろんなところへ出掛けたくなりますね。行きたいところへ行こうと思う時、あなたの身体はきびきびしなやかに動いてくれますか? 加齢とともに動かしにくくなってしまう身体ですが、中にはいくつになってもきびきびしなやかに動ける人もいます。その差は、「身体を動かす4つの力」にあります。 「身体を動かす4つの力」とは― ①身体を長時間楽に動かすための「持久力」 ②身体をス

4月も終わりに近づき、日中は夏のように暑い日もあれば、雨が降るとまだ寒い日もあって、洋服選びにも困ることがありますね。 昔は、「季節の変わり目」に体調を崩すとよく言われていましたが、みなさんは大丈夫でしょうか。 「寒暖差疲労」という言葉をご存知ですか?気温差が大きい為に体温を調整する自律神経が過剰に働き、体が疲れてしまうことを言います。主な症状として、冷え、肩こり、首こり、頭痛、めまい、倦怠感など