top of page
  • 執筆者の写真竹内

リンパのはなし

朝晩は気温も下がって虫の声も聞こえ始め、徐々に秋のおとずれを感じる季節となりました。


猛暑の上にマスク生活で、夏のお疲れが出ていませんか?スッキリしない季節の変わり目、少しでも快適に過ごせるように、今回はリンパのはなしをしたいと思います。


よく耳にする言葉ですが、皆さんは「リンパ」と聞いて何をイメージしますか?むくみ・冷え・流れ…といったところでしょうか。


リンパとはリンパ管を流れるリンパ液のことで、毛細血管から出た水分のうち吸収されずに残った組織液(組織間液)をそう呼びます。また、このリンパ液を回収して血管内に戻す役割を果たしているのがリンパ管といわれる管で、全身を巡っています。


リンパは末梢から中心に向って流れ、リンパ管には静脈と同じように弁があり、逆流を防いでいます。また、リンパが流れる力は非常に弱く緩やかなため、さまざまな臓器の動きや周囲にある筋肉の収縮が、ポンプ機能としての重要な役割を果たしています。


つまり、このリンパの流れを良くするには、ちょっと手助けしてあげると良いことがわかります。


手のひらで皮膚を優しくさすったり、リンパ節を軽く圧しながら関節を動かすだけでも驚くほどリンパの流れが良くなります。そして、リンパの流れが整うと、筋肉の質が改善し柔らかく動きやすい筋肉になります。


リンパをさすった後、ゆっくりと筋肉を緩めるようにストレッチすると、リンパの流れが更に改善します。生徒の皆さんがお持ちの「健康づくりテキストブック」(P48の正常なリンパ還流)にさらに詳しく掲載していますので、参考になさってください。


体調不良になりがちな季節の変わり目、使いすぎで溜まった老廃物を放置すると、むくみや冷えを引き起こします。簡単な手入れで全身を巡っているリンパの流れを良くして、スッキリ快適な状態を維持し、それぞれの秋を存分に楽しみましょう。


閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

風邪で長引く咳を緩和するには

2024年も気がつけば2月になりました。寒い時期ですが、体調を崩されたりしていませんか? 年明けに「風邪をひいて咳が治まらないのでお休みします」と連絡をくださった会員さんが数名いらしたので、今回は咳対策について書きたいと思います。 人は、空気の通り道である気道に異物が侵入した時、それを外に出そうと咳をします。つまり、咳は埃や細菌、ウイルスなどの異物が体の中に入らないようにするための防衛反応なのです

尿もれ対策をしましょう!

なかなか人には相談できずに悩んでいる人が意外と多い尿もれ、でも原因を知ることで解決策も見えてきます。 女性は男性に比べて尿道が短い上に、妊娠や出産の影響もあり、尿もれの悩みは女性の方が断然多いと言われています。 40代では3割の人に自覚症状があり、実は20代にも尿もれ経験者が多いことが分かっています。尿もれは、女性にとって年代を問わない身近な悩みと言えそうです。 尿もれ-女性に多い2つのタイプ-

握力・筋力アップで元気に過ごしましょう

今年は、新型コロナが2類から5類に移行して、社会も少し落ち着いてきましたね。 そんな中、最近よく耳にするのが 「ペットボトルのふたが開けにくくなった」、「買い物の荷物を長く持つのが辛くなった」、「雑巾(布巾)を硬く絞れなくなった」などの話です。 コロナ禍で外出や運動をする機会が減り、それが筋力や握力の低下につながっているのではないかと思います。 秋になり、教室で2年ぶりに体力測定を行いましたが、体

Comments


bottom of page