top of page
  • 執筆者の写真川村

リンパマッサージで脚のむくみを解消しましょう

更新日:2023年6月29日

今の時期は体にむくみを感じやすいですが、皆さんはいかがですか?夕方になるとパンパンに腫れた脚に悩まされる方も多いのではないでしょうか。


人間の体には全身に「リンパ管」が張り巡らされており、体内で余った水分や老廃物は、リンパ液となってその中を流れています。リンパ管は、いわば下水道のような存在です。


脇の下や腹部、脚の付け根などの要所要所に、関所のような「リンパ節」が約600~700個あり、リンパ液を濾過するフィルターの役割を果たしてくれています。細菌やウィルスなどの異物をリンパ節でキャッチすると腫れが起こります。風邪を引いたり、疲れたりして体調が悪化すると、リンパ液の流れも悪くなって免疫力も低下します。


皮膚の表面から深さ約2ミリのところに「毛細リンパ管」という最も細い管が網目状に広がっており、皮膚を伸ばすこと(マッサージ)でリンパ液の流れが促進されます。


マッサージでリンパ液の流れが良くなると、むくみが解消されて翌朝はだるさを感じにくくなります。ポイントは「優しくなでる」ことです。音楽を聴きながら、テレビを観ながらなど、「ながらマッサージ」がちょうど良い強さです。


マッサージ以外に、座っている状態で足首を回したり、膝を曲げ伸ばししたりすることも、筋肉のポンプ作用でリンパの流れが促進されるので、むくみ解消に効果的です。


リンパの流れを整えると、むくみが解消されるだけでなく、疲れも和らぎます。今日のむくみや疲れは、できるだけその日中に、解消できるといいですね。


健やかでいきいきとした人生を送るために、自分で簡単にできるセルフケアを日常生活の中に取り入れて、習慣化してみませんか。


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

風邪で長引く咳を緩和するには

2024年も気がつけば2月になりました。寒い時期ですが、体調を崩されたりしていませんか? 年明けに「風邪をひいて咳が治まらないのでお休みします」と連絡をくださった会員さんが数名いらしたので、今回は咳対策について書きたいと思います。 人は、空気の通り道である気道に異物が侵入した時、それを外に出そうと咳をします。つまり、咳は埃や細菌、ウイルスなどの異物が体の中に入らないようにするための防衛反応なのです

尿もれ対策をしましょう!

なかなか人には相談できずに悩んでいる人が意外と多い尿もれ、でも原因を知ることで解決策も見えてきます。 女性は男性に比べて尿道が短い上に、妊娠や出産の影響もあり、尿もれの悩みは女性の方が断然多いと言われています。 40代では3割の人に自覚症状があり、実は20代にも尿もれ経験者が多いことが分かっています。尿もれは、女性にとって年代を問わない身近な悩みと言えそうです。 尿もれ-女性に多い2つのタイプ-

握力・筋力アップで元気に過ごしましょう

今年は、新型コロナが2類から5類に移行して、社会も少し落ち着いてきましたね。 そんな中、最近よく耳にするのが 「ペットボトルのふたが開けにくくなった」、「買い物の荷物を長く持つのが辛くなった」、「雑巾(布巾)を硬く絞れなくなった」などの話です。 コロナ禍で外出や運動をする機会が減り、それが筋力や握力の低下につながっているのではないかと思います。 秋になり、教室で2年ぶりに体力測定を行いましたが、体

bottom of page