• 川﨑

今年も花粉の季節が到来!

春になると、決まって毎日の天気予報で花粉飛散の情報が流れ、花粉症の薬や目薬のCMも多くなりますね。


2019年の環境省の花粉症環境保健マニュアルに、全国耳鼻咽喉科とその家族を対象とした調査が掲載されていました。


日本で花粉症の症状を持っている人の正確な数はわかっていませんが、1998年の花粉症有病率は約20%、2008年は約30%でした。この傾向から推測すると、現在は恐らくもう少し上がっているのではないでしょうか。今や、花粉症は国民病とも呼ばれています。


今の季節の花粉症は、季節性アレルギー性鼻炎というもので、花粉によってくしゃみ・鼻水等の症状を引き起こす免疫過剰反応と言われています。東洋医学では、水分代謝の異常は水毒・水滞とも捉えています。


昔は、今ほど花粉症の人はいませんでした。生活が便利に、豊かになるにつれて発症する人が増えてきたと言われています。つまり、大気汚染や花粉飛散量の増加等が外的要因に、そして食生活の変化、運動不足、ストレスなどが内的要因となっているようです。


花粉症対策として、普段の生活に取り入れられることをご紹介します。


・体の冷えを防ぎましょう


まずは、足指・足首回しをしましょう。次に足裏の反射区を押します。お風呂の中や、お風呂上りに行うのがおすすめです。(教室で使用しているテキストブックをお持ちの方は、17ページをご参照ください)


・適度な運動やお風呂で、余分な水分を排出しましょう


・バランスの良い食事をしましょう


特に腸内環境を整えることで免疫機能がアップし、症状の緩和が期待できます。ヨーグルト、発酵食品などがおすすめです。


・ストレスを溜めないようにしましょう


コロナ禍で不都合な状況が長く続いていますが、季節はもう春です。できる対策をしながらワクワクすることを色々始めてみましょう。自然の中でのんびり、ゆっくり春を感じてみるのもいいですね。

 

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

二十四節気の小雪(しょうせつ‐2022年は11月22日)も過ぎ、北の方から雪の便りも聞こえはじめ、朝夕も冷え込みを感じる季節になってきました。今年は夏の暑さが長引き、11月下旬になってようやく紅葉が見ごろとなりましたね。 コロナ禍で思うように外出ができなかった昨今ですが、今は政府も「密にならず、ソーシャルディスタンスを取りながら、外に出かけましょう」と国民に呼びかけています。 最近では、気候の良さ

スポーツの秋、体を動かすにはいい気候になりましたね。人生100年時代と言われ、健康意識向上により平均寿命と健康寿命が毎年延伸しています。 先日、スポーツ庁で4万8千人を対象とした令和3年度体力テストの結果が公開されました。 新型コロナウイルスの影響もあって体力低下の傾向もみられましたが、各年代における運動習慣の年次変化では、65歳~74歳の年代の男性を除く65歳以上のすべての年代において上昇傾向に

朝晩は気温も下がって虫の声も聞こえ始め、徐々に秋のおとずれを感じる季節となりました。 猛暑の上にマスク生活で、夏のお疲れが出ていませんか?スッキリしない季節の変わり目、少しでも快適に過ごせるように、今回はリンパのはなしをしたいと思います。 よく耳にする言葉ですが、皆さんは「リンパ」と聞いて何をイメージしますか?むくみ・冷え・流れ…といったところでしょうか。 リンパとはリンパ管を流れるリンパ液のこと