top of page
  • 執筆者の写真川村

健康を支える歯を守りましょう!

8020(ハチマルニイマル)運動をご存じですか?


「80歳で20本以上の歯を残そう」という歯の健康を推進する活動です。自分の歯が多いほど食事への満足度が高く、さらには全身へのさまざまな健康効果があると言われています。


成人の歯の数は28本(親知らずを入れると32本)、年を重ねても歯がたくさん残っている人は、歯科だけではなく総合的な医療費が少ないことが分かっています。


また、高齢化で増え続けている認知症や寝たきり状態、肺炎などのリスクも、歯の数が多い人ほど低くなるという研究データが多数あります。


つまり、歯が多く残っている人ほど健康と言えそうです。


正しい歯磨きで人生100年時代に備えましょう


歯を失う2大原因である歯周病と虫歯は、原因菌の住処である歯垢がいつまでも残っていることで起こります。口腔ケアの基本は、清潔さを保つことです。日々の歯磨きが正しくできているか、今一度見直してみましょう。


・小さめの歯ブラシで歯を1本1本丁寧に磨きましょう。


・歯と歯の間は歯ブラシだけでは落とし切れないので、デンタルフロスや歯間ブラシも

使いましょう。


・就寝中は唾液の量が減るなどで原因菌が増えやすいので、夜寝る前は特に丁寧に歯を磨きましょう。


歯ヨガで口腔周囲筋を鍛えましょう


食べ物をしっかり噛んで飲み込むためには、舌や口の周りなどの口腔周囲筋が健康であることも重要です。


口腔周囲筋を鍛えると、口周りのたるみやほうれい線なども改善できます。また誤嚥性肺炎予防にも効果があります。


口腔周囲筋を鍛える簡単な体操をご紹介します。


りーえー体操


 「りー」と声を出しながら口を横に大きく引っ張り、次に「えー」と声を出しながら、舌を前歯につかないように大きく突き出す一連の動作を10回繰り返します


舌を回す


 口を閉じ、歯茎の外周りを舌でぐるっと一周します。時計回り、反時計回りを5回ずつ行いま


頬をすぼめ、膨らませる


 頬を吸うようにギュっとすぼめ、次に大きく膨らませる一連の動作を10回繰り返します息を止めないで鼻で呼吸しながら行いましょう。


舌を吸い付け、離す

 

舌を上顎に吸い付けて1分キープし、弾くように「カッ」と音を鳴らしながら上顎から離す一連の動作を10回繰り返します。


さて、あなたの歯は今何本ありますか?1本でも多く自分の歯を守り、80歳になっても20本以上の歯を残すことを目標に日頃から口腔ケアを心がけましょう。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

頻繁に足がつるときの対応について

おそらく、誰もが一度は足がつるという経験をしたことがあるのではないでしょうか。 つる部位は、ふくらはぎや足裏が多いと思いますが、突然足がつると痛みが治まるまでしばらく辛いですよね。 足がつる原因は色々ありますが、主なものとしては筋肉の過緊張、脱水(水分・ミネラル不足)、そして冷えなどがあります。 足がつって過緊張の状態を起こしている筋肉は、筋繊維が縮んだまま伸びなくなっていますので、緊張を取り除く

「骨卒中」に気をつけましょう

みなさんは、「骨卒中」という言葉を聞いたことがありますか? 「骨卒中」とは、「骨に突然起こる重篤な障害」を意味する造語です。つまり、高齢者の骨折は、寝たきりになることもあり脳卒中と同様に「ある日突然起きて命を脅かす」ことから「骨卒中」とも呼ばれるそうです。 そして、「骨卒中」の主な原因となるのが骨粗しょう症です。骨粗しょう症は、骨のカルシウム分(骨量)が減り、骨の強度が低下してしまう高齢者に多い病

風邪で長引く咳を緩和するには

2024年も気がつけば2月になりました。寒い時期ですが、体調を崩されたりしていませんか? 年明けに「風邪をひいて咳が治まらないのでお休みします」と連絡をくださった会員さんが数名いらしたので、今回は咳対策について書きたいと思います。 人は、空気の通り道である気道に異物が侵入した時、それを外に出そうと咳をします。つまり、咳は埃や細菌、ウイルスなどの異物が体の中に入らないようにするための防衛反応なのです

Comments


bottom of page