top of page
  • 執筆者の写真花田

体力づくりを継続しましょう。

更新日:2023年1月14日

令和5年、新しい年がスタートしましたね。皆さんにとって実り多き一年になりますように。そして、今年こそ明るく見通しの良い年になりますように。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。


コロナ禍ではありますが、今の日本は豊かで「人生100年時代」と言われるほど長寿の人が増えました。ただ、人生100年を目指すとき、大切になってくるのは、いかに元気で楽しくいられるかどうかということです。余生を楽しく過ごすためには、好奇心と体力を持ち続ける努力をする必要があることは言うまでもありません。


そしてもう一つ大切なのは、人とのふれあい、コミュニケーションです。人と人とが出会い、関わることでしか生まれないものがたくさんあります。


インターネット社会になり、スマホ・SNSの普及で、人と人が直接会って語り合う時間が減り、コロナ禍の外出自粛などで、その傾向はさらに加速しました。


私たちが健康体操教室に集って会話をすることは、体だけではなく心の健康にもとても大事なことです。


今後も引き続き感染対策を徹底してまいります。今年も健康・体力づくりを、一緒に継続しましょう!


閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

頻繁に足がつるときの対応について

おそらく、誰もが一度は足がつるという経験をしたことがあるのではないでしょうか。 つる部位は、ふくらはぎや足裏が多いと思いますが、突然足がつると痛みが治まるまでしばらく辛いですよね。 足がつる原因は色々ありますが、主なものとしては筋肉の過緊張、脱水(水分・ミネラル不足)、そして冷えなどがあります。 足がつって過緊張の状態を起こしている筋肉は、筋繊維が縮んだまま伸びなくなっていますので、緊張を取り除く

健康を支える歯を守りましょう!

8020(ハチマルニイマル)運動をご存じですか? 「80歳で20本以上の歯を残そう」という歯の健康を推進する活動です。自分の歯が多いほど食事への満足度が高く、さらには全身へのさまざまな健康効果があると言われています。 成人の歯の数は28本(親知らずを入れると32本)、年を重ねても歯がたくさん残っている人は、歯科だけではなく総合的な医療費が少ないことが分かっています。 また、高齢化で増え続けている認

「骨卒中」に気をつけましょう

みなさんは、「骨卒中」という言葉を聞いたことがありますか? 「骨卒中」とは、「骨に突然起こる重篤な障害」を意味する造語です。つまり、高齢者の骨折は、寝たきりになることもあり脳卒中と同様に「ある日突然起きて命を脅かす」ことから「骨卒中」とも呼ばれるそうです。 そして、「骨卒中」の主な原因となるのが骨粗しょう症です。骨粗しょう症は、骨のカルシウム分(骨量)が減り、骨の強度が低下してしまう高齢者に多い病

Comments


bottom of page