• 川上

免疫力アップ対策・・・①

新型コロナウイルスの感染拡大により不安でいっぱいの方も多いと思います。


手洗い、うがい、マスクの着用など様々感染予防対策はとても必要ですが、根本的な解決はやはり免疫力を高めることが重要と考えます。


体温が1℃上がると免疫力が30%高まると言われています。


特に足元(末端)の冷えに気をつける必要があります。


筋肉でのタンパク質代謝や、抗炎症、免疫抑制などに使われるコルチゾールというホルモンは、足元が冷えていると、足元の体温を上げるために、無駄に消費されてしまうそうです。

免疫回復力を高めるためにコルチゾールを効率よく使えなくなると言われています。


体を温めていても足元が冷えていないか注意しましょう!


実は、「冷えていることに気付いていない方」や「体温が低くないから」と言われる方も多くおられます。


皆さんはいかがでしょうか?


体温以外に冷えていることがわかる方法は「皮膚の硬さ」と「足裏」で確認できます!


足裏は、心臓から一番遠い位置にあり 靴や靴下を履き足を締めつけることで 血流が滞りやすい場所です。

そこで皮膚は血流が滞って栄養、酸素があまり届かなくなっても生きていられるように皮膚を硬く丈夫にしているそうです。


全身の血流を良くするには、皮膚を柔らかくする必要があります。


《足もみのすすめ》・・・・足もみの仕組みはシンプルです。


足にある反射区をもんで刺激を与えると、その痛みが神経を伝わって脳に届きその器官を活性化してくれます。

足をもみほぐすことで静脈のわきを走るリンパ腺の刺激にもなり体に抵抗力をつけてくれます。


足もみは、単発で行うのではなく、毎日習慣にしてもみ続け、理想は赤ちゃんのようなふわふわなやわらかい足を目指します。


始めは手でもんでみましょう!


この夏エアコンも欠かせません!

冷えを感じ、靴下を履くことが多くなると思いますが、先ずは足元を温めること!


お風呂時間も活用しましょう!

バケツに熱いお湯を張り(火傷しない程度の温度)足を入れたまま、頭・体を洗い最後にきれいなお湯で洗い流し湯船に浸かります。

短い時間で足先まで温まり、免疫力アップに繋がります。


新型コロナウイルスに負けない体を足元から作り、今のこの状況を乗り越えていきましょう。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月も終わりに近づき、日中は夏のように暑い日もあれば、雨が降るとまだ寒い日もあって、洋服選びにも困ることがありますね。 昔は、「季節の変わり目」に体調を崩すとよく言われていましたが、みなさんは大丈夫でしょうか。 「寒暖差疲労」という言葉をご存知ですか?気温差が大きい為に体温を調整する自律神経が過剰に働き、体が疲れてしまうことを言います。主な症状として、冷え、肩こり、首こり、頭痛、めまい、倦怠感など

春になると、決まって毎日の天気予報で花粉飛散の情報が流れ、花粉症の薬や目薬のCMも多くなりますね。 2019年の環境省の花粉症環境保健マニュアルに、全国耳鼻咽喉科とその家族を対象とした調査が掲載されていました。 日本で花粉症の症状を持っている人の正確な数はわかっていませんが、1998年の花粉症有病率は約20%、2008年は約30%でした。この傾向から推測すると、現在は恐らくもう少し上がっているので

寒さが厳しい季節には、便秘になりやすい要因がいくつかあります。 血行不良と水分不足 冬は体が冷えやすく、血行不良などで腸の働きが鈍くなります。また、空気が乾燥しているので、意識して水分補給をしないと体は水分不足になり、大腸まで水分が届きにくく便が固くなって便通が悪くなります。 運動不足と過度な飲酒 何かと多忙な年末年始は、ついついトイレを我慢したり、運動不足などで、便秘体質の人は症状をさらに進行さ