• 川上

免疫力アップ対策・・・②

2020/8/27


免疫と口腔ケア

人の免疫は、害を与える微生物などに対して働き、病気を軽く済ませてくれたり、発症を未然に防いでくれたりします。

病気の発症は、微生物の悪さをする力より免疫力が低いと発症すると言われています。

よって免疫力優位にしておく必要があります。

対策としてさまざまありますが、その一つに口腔ケアがあります。


口の中は、常に37℃前後で保たれ唾液もあるため湿潤環境にあり、定期的に食物が通過するので、細菌が増加しやすくなっています。


口の中には、細菌が沢山いることをご存知でしょうか?

常在細菌といって体を守る働きをするものや逆に悪さをするものもいます。この悪さをする細菌やウイルスを減らすことが大切です。

細菌の塊(プラーク)は、日々の歯磨きでしか落とすことができないそうです。

プラーク(歯垢)には1グラム当たり1,000億個の細菌が詰まっていると言われています。

その細菌が体内に侵入することで、体の健康を害することがわかっています。


舌ケア

舌は内臓や血液を反映する健康のバロメーターでもあります。

体の不調の原因を『見える化』してくれる部位です。

舌は、ご飯を食べたり味わったりする器官ですが、古くから伝わる中国医学では、体質や内臓を映し出すバロメーターとして診察基準の一つになっています。


舌にはさまざまなものが付着し苔状になって見えることがあり、これを舌苔(ぜったい)と言います。

細菌や食べかす、口腔粘膜のはがれた上皮などが舌に付着した集合体で構成されています。薄く付着している(少し白い)状態は正常です。

舌磨きを行う時は、やりすぎると表面を傷つけてしまうことがあるので注意が必要です。


口腔ケアのメリット

*口腔内のトラブル減少

*栄養状態の改善

*誤嚥性肺炎など感染症の予防

*脳の活性化と認知症の予防

*味覚向上で食欲増進

*口臭予防、コミュニケーション改善


歯磨き、舌磨きなどの口腔ケアはインフルエンザの感染リスクも下げることがわかっているそうです。

手洗い、うがいに加えて口腔ケアをきちんと行い、細菌が住み着く原因となる磨き残しを防ぎましょう!

それが免疫力低下を防ぎます!

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

二十四節気の小雪(しょうせつ‐2022年は11月22日)も過ぎ、北の方から雪の便りも聞こえはじめ、朝夕も冷え込みを感じる季節になってきました。今年は夏の暑さが長引き、11月下旬になってようやく紅葉が見ごろとなりましたね。 コロナ禍で思うように外出ができなかった昨今ですが、今は政府も「密にならず、ソーシャルディスタンスを取りながら、外に出かけましょう」と国民に呼びかけています。 最近では、気候の良さ

スポーツの秋、体を動かすにはいい気候になりましたね。人生100年時代と言われ、健康意識向上により平均寿命と健康寿命が毎年延伸しています。 先日、スポーツ庁で4万8千人を対象とした令和3年度体力テストの結果が公開されました。 新型コロナウイルスの影響もあって体力低下の傾向もみられましたが、各年代における運動習慣の年次変化では、65歳~74歳の年代の男性を除く65歳以上のすべての年代において上昇傾向に

朝晩は気温も下がって虫の声も聞こえ始め、徐々に秋のおとずれを感じる季節となりました。 猛暑の上にマスク生活で、夏のお疲れが出ていませんか?スッキリしない季節の変わり目、少しでも快適に過ごせるように、今回はリンパのはなしをしたいと思います。 よく耳にする言葉ですが、皆さんは「リンパ」と聞いて何をイメージしますか?むくみ・冷え・流れ…といったところでしょうか。 リンパとはリンパ管を流れるリンパ液のこと