• 川上

免疫力アップ対策・・・②

2020/8/27


免疫と口腔ケア

人の免疫は、害を与える微生物などに対して働き、病気を軽く済ませてくれたり、発症を未然に防いでくれたりします。

病気の発症は、微生物の悪さをする力より免疫力が低いと発症すると言われています。

よって免疫力優位にしておく必要があります。

対策としてさまざまありますが、その一つに口腔ケアがあります。


口の中は、常に37℃前後で保たれ唾液もあるため湿潤環境にあり、定期的に食物が通過するので、細菌が増加しやすくなっています。


口の中には、細菌が沢山いることをご存知でしょうか?

常在細菌といって体を守る働きをするものや逆に悪さをするものもいます。この悪さをする細菌やウイルスを減らすことが大切です。

細菌の塊(プラーク)は、日々の歯磨きでしか落とすことができないそうです。

プラーク(歯垢)には1グラム当たり1,000億個の細菌が詰まっていると言われています。

その細菌が体内に侵入することで、体の健康を害することがわかっています。


舌ケア

舌は内臓や血液を反映する健康のバロメーターでもあります。

体の不調の原因を『見える化』してくれる部位です。

舌は、ご飯を食べたり味わったりする器官ですが、古くから伝わる中国医学では、体質や内臓を映し出すバロメーターとして診察基準の一つになっています。


舌にはさまざまなものが付着し苔状になって見えることがあり、これを舌苔(ぜったい)と言います。

細菌や食べかす、口腔粘膜のはがれた上皮などが舌に付着した集合体で構成されています。薄く付着している(少し白い)状態は正常です。

舌磨きを行う時は、やりすぎると表面を傷つけてしまうことがあるので注意が必要です。


口腔ケアのメリット

*口腔内のトラブル減少

*栄養状態の改善

*誤嚥性肺炎など感染症の予防

*脳の活性化と認知症の予防

*味覚向上で食欲増進

*口臭予防、コミュニケーション改善


歯磨き、舌磨きなどの口腔ケアはインフルエンザの感染リスクも下げることがわかっているそうです。

手洗い、うがいに加えて口腔ケアをきちんと行い、細菌が住み着く原因となる磨き残しを防ぎましょう!

それが免疫力低下を防ぎます!

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月も終わりに近づき、日中は夏のように暑い日もあれば、雨が降るとまだ寒い日もあって、洋服選びにも困ることがありますね。 昔は、「季節の変わり目」に体調を崩すとよく言われていましたが、みなさんは大丈夫でしょうか。 「寒暖差疲労」という言葉をご存知ですか?気温差が大きい為に体温を調整する自律神経が過剰に働き、体が疲れてしまうことを言います。主な症状として、冷え、肩こり、首こり、頭痛、めまい、倦怠感など

春になると、決まって毎日の天気予報で花粉飛散の情報が流れ、花粉症の薬や目薬のCMも多くなりますね。 2019年の環境省の花粉症環境保健マニュアルに、全国耳鼻咽喉科とその家族を対象とした調査が掲載されていました。 日本で花粉症の症状を持っている人の正確な数はわかっていませんが、1998年の花粉症有病率は約20%、2008年は約30%でした。この傾向から推測すると、現在は恐らくもう少し上がっているので

寒さが厳しい季節には、便秘になりやすい要因がいくつかあります。 血行不良と水分不足 冬は体が冷えやすく、血行不良などで腸の働きが鈍くなります。また、空気が乾燥しているので、意識して水分補給をしないと体は水分不足になり、大腸まで水分が届きにくく便が固くなって便通が悪くなります。 運動不足と過度な飲酒 何かと多忙な年末年始は、ついついトイレを我慢したり、運動不足などで、便秘体質の人は症状をさらに進行さ