• 樋口

冬です。体を温めましょう!

最終更新: 1月7日

暦の上では、七五三の行事も終わり、これから寒さが増していく毎日です。

日本時間の16日早朝に今年のマスターズトーナメントが終わりました。

(通常は、毎年4月にアメリカ・オーガスタで行われる男子ゴルフのメジャー大会です)


その中で、解説の中嶋プロが「誰が、この11月に選手が半袖で汗ばみながらプレーをすることを予想できたでしょうか?」と言ってました。本来なら、みなさんコートを羽織り、木枯らしの中を背中を丸めながら歩いているのではないでしょうか?昨今は、気候変動や温暖化と言われ、気温も変化してきています。


ですが、やはり確実に寒さは訪れています。朝夕の気温と昼間の気温差で、体調コントロールができにくくなりやすい季節でもあります。思わぬ冷えから、背中がこわばったり、首や肩が硬くなったり、コリを感じる方も多いのではないでしょうか?やはり、寒さは少しずつ体に影響を出してくるでしょう。


新型コロナの為に、自粛生活を強いられる日々が続くと、体を動かす機会も減ってきます。そんな時は、まず体を冷やさないことが大事です。首、肩、腰、手首、足首を温めるのはもちろんです。以下のようなことをぜひ試してみてください。


・ショールを捲く。

・パンツの上からもう1枚ラップスカート履く。

・ウォーキングの時にオーバーパンツを重ねる。

・レッグウォーマーを履く。


最近では、スマートフォンやパソコン、携帯電話を使うことが多くなり、それが原因で起こる肩こり・首コリなどと一緒に、実は目も疲れて冷えています。時々、目も休ませながら温めてあげてください。ホットパックを使ったり、タオルを乗せてあげるだけでも目が休まります。 一番簡単にできることは、両掌をそっと乗せて温めてあげることです。


自分の体をやさしく労ってあげてください。そして、自分でできる体操やストレッチを始めてみませんか?新型コロナでいろいろな制約がありますが、その中でできることやってみましょう。

               

この冬は、体を動かして温めてあげてください。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

筋トレのすすめ

新年あけましておめでとうございます。2021年がスタートしました。皆様、いかがお過ごしでしょうか? 昨年は、思いもよらぬ出来事が世界中に起こった激動の一年でした。新型コロナウィルス感染拡大の影響で、外出自粛や在宅勤務など人との接触を控える行動様式が広がりました。 今もなお、人との接触を控える傾向が強まっていますが、運動不足が長期化すると、健康状態が悪化し、免疫力も低下しかねません。 また、運動能力

寒さによる免疫力低下を予防しましょう

12月に入り寒さも厳しくなってきました。 何かと忙しく、疲れも出やすい時期です。それに加え新型コロナウィルスで誰もが体験したことのない冬を過ごすことになります。やはり、自分の身体は自分で守る免疫力アップには日頃の生活習慣が大事ですね。 免疫力アップには ◎バランスの良い食事 ◎適度な運動 ◎質の良い睡眠 「冬で摂りたい食材」 東洋医学で冬は「腎」の働きが弱くなるといわれています。腎とは生命エネルギ

冷えを感じていませんか?

秋の気持ちいい風を感じる季節になりましたね。このままの気温が続くと良いのですが…そうもいきません。 冬に向かい、冷えのお悩みを抱えている方は多いと思いますが、皆さんはいかがですか? 体が冷えることで体温が低下すると、血管が収縮し、血流が悪くなってしまいます。 血液の中にある白血球には免疫機能があるので免疫機能が低下してしまうのです。 今年は特に免疫機能を落とさないで、冬を過ごしていきたいですよね。