• 樋口

冬です。体を温めましょう!

更新日:1月7日

暦の上では、七五三の行事も終わり、これから寒さが増していく毎日です。

日本時間の16日早朝に今年のマスターズトーナメントが終わりました。

(通常は、毎年4月にアメリカ・オーガスタで行われる男子ゴルフのメジャー大会です)


その中で、解説の中嶋プロが「誰が、この11月に選手が半袖で汗ばみながらプレーをすることを予想できたでしょうか?」と言ってました。本来なら、みなさんコートを羽織り、木枯らしの中を背中を丸めながら歩いているのではないでしょうか?昨今は、気候変動や温暖化と言われ、気温も変化してきています。


ですが、やはり確実に寒さは訪れています。朝夕の気温と昼間の気温差で、体調コントロールができにくくなりやすい季節でもあります。思わぬ冷えから、背中がこわばったり、首や肩が硬くなったり、コリを感じる方も多いのではないでしょうか?やはり、寒さは少しずつ体に影響を出してくるでしょう。


新型コロナの為に、自粛生活を強いられる日々が続くと、体を動かす機会も減ってきます。そんな時は、まず体を冷やさないことが大事です。首、肩、腰、手首、足首を温めるのはもちろんです。以下のようなことをぜひ試してみてください。


・ショールを捲く。

・パンツの上からもう1枚ラップスカート履く。

・ウォーキングの時にオーバーパンツを重ねる。

・レッグウォーマーを履く。


最近では、スマートフォンやパソコン、携帯電話を使うことが多くなり、それが原因で起こる肩こり・首コリなどと一緒に、実は目も疲れて冷えています。時々、目も休ませながら温めてあげてください。ホットパックを使ったり、タオルを乗せてあげるだけでも目が休まります。 一番簡単にできることは、両掌をそっと乗せて温めてあげることです。


自分の体をやさしく労ってあげてください。そして、自分でできる体操やストレッチを始めてみませんか?新型コロナでいろいろな制約がありますが、その中でできることやってみましょう。

               

この冬は、体を動かして温めてあげてください。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

歩く速度と寿命の関連性について

京大名誉教授、森谷敏夫教授の講座でのお話が参考になると思いますので、こちらでその一部をご紹介します。 アメリカのとある医学部が34000人を対象に、21年間その人たちの日常を追跡するというスケールの大きな研究を行いました。 そして21年間追跡した結果、34000人中17582人の方が亡くなられたそうです。 その医学部は、亡くなられた方々のコレステロール値や歩く速度などを記録しており、そのデータによ

秋の疲れに気をつけましょう!

今年の夏は、長雨続きでお日様を見ることが少なく、涼しい日が続いて比較的過ごしやすい夏でした。 ただ近年は、夏から秋にかけて「体がだるい」「疲れが取れない」などの体調不良を訴える人が増えているようです。 あまり耳馴染みのない言葉ですが、それはもしかしたら「秋バテ」かもしれません。 「夏バテ」と「秋バテ」は、症状が似ていますが、簡単に言うと夏の疲れが体の中に溜まった状態が「夏バテ」で、それをいつまでも

夏バテ対策をしましょう!

猛暑に加えてコロナ禍でマスクをつけての不便な日常が続き、体への負担は大きいと思います。夏バテされていませんか? 夏バテとは、猛暑により体のバランスを整える自律神経が乱れ、食欲がない、いつまでも疲れが取れない、病気じゃないけどずっと調子が悪いなどの症状を起こすことです。 まだまだしばらくは暑い日が続きます。日常生活にちょっとした工夫を取り入れ、生活のリズムを整えて、しっかり夏バテ対策をしましょう。