• 樋口

冬です。体を温めましょう!

更新日:2021年1月7日

暦の上では、七五三の行事も終わり、これから寒さが増していく毎日です。

日本時間の16日早朝に今年のマスターズトーナメントが終わりました。

(通常は、毎年4月にアメリカ・オーガスタで行われる男子ゴルフのメジャー大会です)


その中で、解説の中嶋プロが「誰が、この11月に選手が半袖で汗ばみながらプレーをすることを予想できたでしょうか?」と言ってました。本来なら、みなさんコートを羽織り、木枯らしの中を背中を丸めながら歩いているのではないでしょうか?昨今は、気候変動や温暖化と言われ、気温も変化してきています。


ですが、やはり確実に寒さは訪れています。朝夕の気温と昼間の気温差で、体調コントロールができにくくなりやすい季節でもあります。思わぬ冷えから、背中がこわばったり、首や肩が硬くなったり、コリを感じる方も多いのではないでしょうか?やはり、寒さは少しずつ体に影響を出してくるでしょう。


新型コロナの為に、自粛生活を強いられる日々が続くと、体を動かす機会も減ってきます。そんな時は、まず体を冷やさないことが大事です。首、肩、腰、手首、足首を温めるのはもちろんです。以下のようなことをぜひ試してみてください。


・ショールを捲く。

・パンツの上からもう1枚ラップスカート履く。

・ウォーキングの時にオーバーパンツを重ねる。

・レッグウォーマーを履く。


最近では、スマートフォンやパソコン、携帯電話を使うことが多くなり、それが原因で起こる肩こり・首コリなどと一緒に、実は目も疲れて冷えています。時々、目も休ませながら温めてあげてください。ホットパックを使ったり、タオルを乗せてあげるだけでも目が休まります。 一番簡単にできることは、両掌をそっと乗せて温めてあげることです。


自分の体をやさしく労ってあげてください。そして、自分でできる体操やストレッチを始めてみませんか?新型コロナでいろいろな制約がありますが、その中でできることやってみましょう。

               

この冬は、体を動かして温めてあげてください。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

二十四節気の小雪(しょうせつ‐2022年は11月22日)も過ぎ、北の方から雪の便りも聞こえはじめ、朝夕も冷え込みを感じる季節になってきました。今年は夏の暑さが長引き、11月下旬になってようやく紅葉が見ごろとなりましたね。 コロナ禍で思うように外出ができなかった昨今ですが、今は政府も「密にならず、ソーシャルディスタンスを取りながら、外に出かけましょう」と国民に呼びかけています。 最近では、気候の良さ

スポーツの秋、体を動かすにはいい気候になりましたね。人生100年時代と言われ、健康意識向上により平均寿命と健康寿命が毎年延伸しています。 先日、スポーツ庁で4万8千人を対象とした令和3年度体力テストの結果が公開されました。 新型コロナウイルスの影響もあって体力低下の傾向もみられましたが、各年代における運動習慣の年次変化では、65歳~74歳の年代の男性を除く65歳以上のすべての年代において上昇傾向に

朝晩は気温も下がって虫の声も聞こえ始め、徐々に秋のおとずれを感じる季節となりました。 猛暑の上にマスク生活で、夏のお疲れが出ていませんか?スッキリしない季節の変わり目、少しでも快適に過ごせるように、今回はリンパのはなしをしたいと思います。 よく耳にする言葉ですが、皆さんは「リンパ」と聞いて何をイメージしますか?むくみ・冷え・流れ…といったところでしょうか。 リンパとはリンパ管を流れるリンパ液のこと