• 川﨑

夏バテ対策をしましょう!

猛暑に加えてコロナ禍でマスクをつけての不便な日常が続き、体への負担は大きいと思います。夏バテされていませんか?


夏バテとは、猛暑により体のバランスを整える自律神経が乱れ、食欲がない、いつまでも疲れが取れない、病気じゃないけどずっと調子が悪いなどの症状を起こすことです。


まだまだしばらくは暑い日が続きます。日常生活にちょっとした工夫を取り入れ、生活のリズムを整えて、しっかり夏バテ対策をしましょう。


【水分補給】


水分のがぶ飲みは胃に負担がかかり、食欲不振につながります。できれば常温のものを『早めに、ちびちび、ちょこちょこ』を心がけましょう。


カフェインが含まれているコーヒーやお茶、そしてアルコールなどは、利尿作用があるので水分補給にはなりません。むしろ大量に飲むと、脱水症状を引き起こす恐れがあるので注意しましょう。また、汗をかいたときは、ミネラル補給も忘れずに。


【バランスの良い食事】


野菜をしっかりとりましょう。また、豚肉・レバー・枝豆・豆腐など、ビタミンB1や良質のたんぱく質は、疲労回復やエネルギー源として効果的です。冷たいものばかり食べると、胃腸の働きが悪くなるので、体を温める薬味や火を通した温かいおかずも食事に取り入れましょう。


【自律神経を整える】


冷房の効いている屋内と暑い屋外、温度差が激しいと体に負担がかかります。体温調整のために外出時は一枚羽織るものを持ちましょう。また、暑いからと言ってシャワーだけで済ませず、ゆっくり湯舟に浸かりましょう。


早朝や夕方涼しい時間帯にウオーキングをしたり、青竹踏みや赤棒踏み足などで、お手入れ(食前食後の1時間は空けて下さい)をしましょう。


日頃のちょっとした工夫や知恵で、暑い夏をうまく乗り切りましょう。


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

秋の疲れに気をつけましょう!

今年の夏は、長雨続きでお日様を見ることが少なく、涼しい日が続いて比較的過ごしやすい夏でした。 ただ近年は、夏から秋にかけて「体がだるい」「疲れが取れない」などの体調不良を訴える人が増えているようです。 あまり耳馴染みのない言葉ですが、それはもしかしたら「秋バテ」かもしれません。 「夏バテ」と「秋バテ」は、症状が似ていますが、簡単に言うと夏の疲れが体の中に溜まった状態が「夏バテ」で、それをいつまでも

コロナ禍の中で春を迎えて

今年の冬は寒さが厳しく、日本海側は北海道から山陰にかけて大雪が降りました。コロナ禍による外出自粛で、ますます家に閉じこもることになり、この冬は、体を動かすことがとても減ったのではないでしょうか? 私の周りにも、病院に行った時にたまたま検査を勧められ、骨粗鬆症が分かった人や、お母様の介護のために月に2~3回通っていた体操教室を3か月間休むことになり、その間に足腰が弱って、些細なことで足首をひねって骨

運動不足になっていませんか?

運動をすると、セロトニンというホルモンの分泌が促されます。セロトニンは、精神の安定を図って気分を高揚させる働きがあり、日常のストレスから心身を守ります。運動不足が続くと、セロトニンの分泌量が減少し、うつ病などの精神疾患になるリスクが高まってしまうことがあります。 コロナの影響でどうしても活動が制限されていますが、運動不足は、体にさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。外に出なくても自宅で簡単にでき