• 川﨑

寒さによる免疫力低下を予防しましょう

更新日:1月7日

12月に入り寒さも厳しくなってきました。

何かと忙しく、疲れも出やすい時期です。それに加え新型コロナウィルスで誰もが体験したことのない冬を過ごすことになります。やはり、自分の身体は自分で守る免疫力アップには日頃の生活習慣が大事ですね。


免疫力アップには

◎バランスの良い食事

◎適度な運動

◎質の良い睡眠


「冬で摂りたい食材」

東洋医学で冬は「腎」の働きが弱くなるといわれています。腎とは生命エネルギーを貯蔵しており、ホルモン、生殖器、泌尿器、免疫系などを司るシステムで体内水分代謝をコントロールしています。


体を温める食材・・・えび・羊肉・鶏肉・栗・かぼちゃ・にら・ニンニク・生姜・山椒・シナモン等腎の働きを補う食材・・・黒豆・黒米・黒ゴマ・牡蠣・ウナギ・海藻類など、黒色の食材が多いと言われています。普段の食事の中で意識的に取り入れてみましょう。アンチエイジングにもつながりますよ!


「適度な運動」

年末の大掃除、ちょこっと掃除など年末になると掃除をしなくてはという気分になりますね・・・そんな時、好きな音楽を聴きながら掃除をしてみるのもいいかもしれません。掃除も体を動かすいい運動になりますね。


「質の良い睡眠」

寝る1時間前ぐらいの入浴・・・40度ぐらいのぬるめのお湯でゆっくり湯舟に浸かりましょう。(10分~20分)寝る前に灯りを暗くしたり、深い呼吸をして副交感神経を優位にしましょう。睡眠時間をしっかりとりましょう。


風邪の場合・・睡眠時間7時間の人に対して睡眠時間6時間未満の人は4.2倍 睡眠時間5時間未満の人は4.5倍もかかりやすくなるというデータがあります。


この冬はいろいろ制限があり、不都合な生活になりますが、お家時間を楽しく健康的に過ごしていきましょう。そして笑顔で!たくさん笑いましょう!


37回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

秋の疲れに気をつけましょう!

今年の夏は、長雨続きでお日様を見ることが少なく、涼しい日が続いて比較的過ごしやすい夏でした。 ただ近年は、夏から秋にかけて「体がだるい」「疲れが取れない」などの体調不良を訴える人が増えているようです。 あまり耳馴染みのない言葉ですが、それはもしかしたら「秋バテ」かもしれません。 「夏バテ」と「秋バテ」は、症状が似ていますが、簡単に言うと夏の疲れが体の中に溜まった状態が「夏バテ」で、それをいつまでも

夏バテ対策をしましょう!

猛暑に加えてコロナ禍でマスクをつけての不便な日常が続き、体への負担は大きいと思います。夏バテされていませんか? 夏バテとは、猛暑により体のバランスを整える自律神経が乱れ、食欲がない、いつまでも疲れが取れない、病気じゃないけどずっと調子が悪いなどの症状を起こすことです。 まだまだしばらくは暑い日が続きます。日常生活にちょっとした工夫を取り入れ、生活のリズムを整えて、しっかり夏バテ対策をしましょう。

コロナ禍の中で春を迎えて

今年の冬は寒さが厳しく、日本海側は北海道から山陰にかけて大雪が降りました。コロナ禍による外出自粛で、ますます家に閉じこもることになり、この冬は、体を動かすことがとても減ったのではないでしょうか? 私の周りにも、病院に行った時にたまたま検査を勧められ、骨粗鬆症が分かった人や、お母様の介護のために月に2~3回通っていた体操教室を3か月間休むことになり、その間に足腰が弱って、些細なことで足首をひねって骨