• 川﨑

寒さによる免疫力低下を予防しましょう

更新日:2021年1月7日

12月に入り寒さも厳しくなってきました。

何かと忙しく、疲れも出やすい時期です。それに加え新型コロナウィルスで誰もが体験したことのない冬を過ごすことになります。やはり、自分の身体は自分で守る免疫力アップには日頃の生活習慣が大事ですね。


免疫力アップには

◎バランスの良い食事

◎適度な運動

◎質の良い睡眠


「冬で摂りたい食材」

東洋医学で冬は「腎」の働きが弱くなるといわれています。腎とは生命エネルギーを貯蔵しており、ホルモン、生殖器、泌尿器、免疫系などを司るシステムで体内水分代謝をコントロールしています。


体を温める食材・・・えび・羊肉・鶏肉・栗・かぼちゃ・にら・ニンニク・生姜・山椒・シナモン等腎の働きを補う食材・・・黒豆・黒米・黒ゴマ・牡蠣・ウナギ・海藻類など、黒色の食材が多いと言われています。普段の食事の中で意識的に取り入れてみましょう。アンチエイジングにもつながりますよ!


「適度な運動」

年末の大掃除、ちょこっと掃除など年末になると掃除をしなくてはという気分になりますね・・・そんな時、好きな音楽を聴きながら掃除をしてみるのもいいかもしれません。掃除も体を動かすいい運動になりますね。


「質の良い睡眠」

寝る1時間前ぐらいの入浴・・・40度ぐらいのぬるめのお湯でゆっくり湯舟に浸かりましょう。(10分~20分)寝る前に灯りを暗くしたり、深い呼吸をして副交感神経を優位にしましょう。睡眠時間をしっかりとりましょう。


風邪の場合・・睡眠時間7時間の人に対して睡眠時間6時間未満の人は4.2倍 睡眠時間5時間未満の人は4.5倍もかかりやすくなるというデータがあります。


この冬はいろいろ制限があり、不都合な生活になりますが、お家時間を楽しく健康的に過ごしていきましょう。そして笑顔で!たくさん笑いましょう!


閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月も終わりに近づき、日中は夏のように暑い日もあれば、雨が降るとまだ寒い日もあって、洋服選びにも困ることがありますね。 昔は、「季節の変わり目」に体調を崩すとよく言われていましたが、みなさんは大丈夫でしょうか。 「寒暖差疲労」という言葉をご存知ですか?気温差が大きい為に体温を調整する自律神経が過剰に働き、体が疲れてしまうことを言います。主な症状として、冷え、肩こり、首こり、頭痛、めまい、倦怠感など

春になると、決まって毎日の天気予報で花粉飛散の情報が流れ、花粉症の薬や目薬のCMも多くなりますね。 2019年の環境省の花粉症環境保健マニュアルに、全国耳鼻咽喉科とその家族を対象とした調査が掲載されていました。 日本で花粉症の症状を持っている人の正確な数はわかっていませんが、1998年の花粉症有病率は約20%、2008年は約30%でした。この傾向から推測すると、現在は恐らくもう少し上がっているので

寒さが厳しい季節には、便秘になりやすい要因がいくつかあります。 血行不良と水分不足 冬は体が冷えやすく、血行不良などで腸の働きが鈍くなります。また、空気が乾燥しているので、意識して水分補給をしないと体は水分不足になり、大腸まで水分が届きにくく便が固くなって便通が悪くなります。 運動不足と過度な飲酒 何かと多忙な年末年始は、ついついトイレを我慢したり、運動不足などで、便秘体質の人は症状をさらに進行さ