• 川﨑

寒さによる免疫力低下を予防しましょう

最終更新: 1月7日

12月に入り寒さも厳しくなってきました。

何かと忙しく、疲れも出やすい時期です。それに加え新型コロナウィルスで誰もが体験したことのない冬を過ごすことになります。やはり、自分の身体は自分で守る免疫力アップには日頃の生活習慣が大事ですね。


免疫力アップには

◎バランスの良い食事

◎適度な運動

◎質の良い睡眠


「冬で摂りたい食材」

東洋医学で冬は「腎」の働きが弱くなるといわれています。腎とは生命エネルギーを貯蔵しており、ホルモン、生殖器、泌尿器、免疫系などを司るシステムで体内水分代謝をコントロールしています。


体を温める食材・・・えび・羊肉・鶏肉・栗・かぼちゃ・にら・ニンニク・生姜・山椒・シナモン等腎の働きを補う食材・・・黒豆・黒米・黒ゴマ・牡蠣・ウナギ・海藻類など、黒色の食材が多いと言われています。普段の食事の中で意識的に取り入れてみましょう。アンチエイジングにもつながりますよ!


「適度な運動」

年末の大掃除、ちょこっと掃除など年末になると掃除をしなくてはという気分になりますね・・・そんな時、好きな音楽を聴きながら掃除をしてみるのもいいかもしれません。掃除も体を動かすいい運動になりますね。


「質の良い睡眠」

寝る1時間前ぐらいの入浴・・・40度ぐらいのぬるめのお湯でゆっくり湯舟に浸かりましょう。(10分~20分)寝る前に灯りを暗くしたり、深い呼吸をして副交感神経を優位にしましょう。睡眠時間をしっかりとりましょう。


風邪の場合・・睡眠時間7時間の人に対して睡眠時間6時間未満の人は4.2倍 睡眠時間5時間未満の人は4.5倍もかかりやすくなるというデータがあります。


この冬はいろいろ制限があり、不都合な生活になりますが、お家時間を楽しく健康的に過ごしていきましょう。そして笑顔で!たくさん笑いましょう!


最新記事

すべて表示

筋トレのすすめ

新年あけましておめでとうございます。2021年がスタートしました。皆様、いかがお過ごしでしょうか? 昨年は、思いもよらぬ出来事が世界中に起こった激動の一年でした。新型コロナウィルス感染拡大の影響で、外出自粛や在宅勤務など人との接触を控える行動様式が広がりました。 今もなお、人との接触を控える傾向が強まっていますが、運動不足が長期化すると、健康状態が悪化し、免疫力も低下しかねません。 また、運動能力

冷えを感じていませんか?

秋の気持ちいい風を感じる季節になりましたね。このままの気温が続くと良いのですが…そうもいきません。 冬に向かい、冷えのお悩みを抱えている方は多いと思いますが、皆さんはいかがですか? 体が冷えることで体温が低下すると、血管が収縮し、血流が悪くなってしまいます。 血液の中にある白血球には免疫機能があるので免疫機能が低下してしまうのです。 今年は特に免疫機能を落とさないで、冬を過ごしていきたいですよね。

疲労回復の話

運動や体操で疲労回復していますか?それとも運動すると疲れてしまいますか? 体操をした夜は良く眠れる方も多いですね。 それは、運動で疲れるから? 適度な運動は疲労の軽減につながることが知られています。 例えば、少し早歩きをする事で心臓の拡張と収縮の機能を向上させ、循環機能をあげることで疲れを感じにくい体をつくることが期待できます。そして、程よい筋活動により、日々の偏った動作によってコリとも呼ばれる過