top of page
  • 執筆者の写真中村

暑い時期には、小まめな水分補給を

人間の体内は、体重の約60%を水分が占めています。体の機能を維持するためには、1日の水分量、つまり摂取量と排出量のバランスをとることが大切です。


水は生命を維持するのに不可欠で、体内から水分が5%失われると、喉の渇きやめまい、吐き気といった脱水症状や熱中症の症状が現れ、10%では筋けいれんや失神が起こり、20%にもなると生命に関わります。


体重が70kgの人を例にとると、


特に運動などしなくても呼吸や汗で自然に約900mlの水分が失われ、尿や便で約1,600ml排出されるので、バランスをとるためには約2,500mlの水分摂取が必要になります。


体内で代謝によって生まれる水分もありますが、それだけでは不十分で、食事や飲み物からも補う必要があり、その1日の必要な水分量は「体重×30ml」(2,100ml)が目安になります。運動時や汗をかく時期などには、発汗量に見合う水分と、さらに塩分の補給が必要です。


食事から摂る必要がある水分量は約1000mlが目安になります。飲み物からだと約1,200mlが必要で、コップ7杯が目安です。


普段から水分を摂るのが苦手な人は、食事にみそ汁やスープを加えたり、おやつやデザートを果物やゼリーなどにして水分を補う工夫をしましょう。


【水分を多く含む食べもの】


果物...スイカ、イチゴ、ミカン、リンゴ、モモ、キウイフルーツなど


野菜…キュウリ、大根、トマトなど


食事…スープ、みそ汁、豆腐など

おやつ…ゼリー、プリン、ヨーグルトなど 


高齢者は、加齢により次のようなことで水分不足を招きやすくなります。


・筋肉量低下により、筋肉に多く含まれる体液が減少する


・喉の渇きを自覚しにくくなり、水分を摂る機会が減る


・腎機能低下により、水分や電解質が失われやすくなる


・トイレに行くことや動くことを億劫に感じ、水分摂取を控えてしまう


・利尿作用のある薬を服用している


対策として、起床後、朝食時、10時、昼食時、15時、夕食時、就寝前など、自分の生活にあったタイミングで、約コップ1杯の水分を計7回程度(約1,200ml)補給することを習慣にしましょう。


入浴による脱水は、約800mlにもなるそうです。入浴の前後には必ず水分補給をしましょう。また運動時や運動前後は、水分だけではなく塩分補給も必要です。


暑い時期でも、しっかり水分補給をしながら、家でもできる体操を習慣にして、暑さに負けない身体づくりを続けましょう。


閲覧数:73回0件のコメント

最新記事

すべて表示

風邪で長引く咳を緩和するには

2024年も気がつけば2月になりました。寒い時期ですが、体調を崩されたりしていませんか? 年明けに「風邪をひいて咳が治まらないのでお休みします」と連絡をくださった会員さんが数名いらしたので、今回は咳対策について書きたいと思います。 人は、空気の通り道である気道に異物が侵入した時、それを外に出そうと咳をします。つまり、咳は埃や細菌、ウイルスなどの異物が体の中に入らないようにするための防衛反応なのです

尿もれ対策をしましょう!

なかなか人には相談できずに悩んでいる人が意外と多い尿もれ、でも原因を知ることで解決策も見えてきます。 女性は男性に比べて尿道が短い上に、妊娠や出産の影響もあり、尿もれの悩みは女性の方が断然多いと言われています。 40代では3割の人に自覚症状があり、実は20代にも尿もれ経験者が多いことが分かっています。尿もれは、女性にとって年代を問わない身近な悩みと言えそうです。 尿もれ-女性に多い2つのタイプ-

握力・筋力アップで元気に過ごしましょう

今年は、新型コロナが2類から5類に移行して、社会も少し落ち着いてきましたね。 そんな中、最近よく耳にするのが 「ペットボトルのふたが開けにくくなった」、「買い物の荷物を長く持つのが辛くなった」、「雑巾(布巾)を硬く絞れなくなった」などの話です。 コロナ禍で外出や運動をする機会が減り、それが筋力や握力の低下につながっているのではないかと思います。 秋になり、教室で2年ぶりに体力測定を行いましたが、体

bottom of page