• 花田

歩く習慣で生きる力を高めよう。

更新日:8月2日

幸せな人生100年に向けて、歩くことが大切なことは周知のことで、年齢とともに筋肉が衰えることも、避けられない事実です。


では、普段どのくらい歩いていれば良いでしょうか?


厚生労働省が示す目標歩数は、一日平均 男性9,200歩、女性8,300歩です。


歩くことは、研究結果で脂質異常症や糖尿病・高血圧の予防になり、健康維持や健康寿命を延ばすことにつながることがわかっていますから、手軽な運動習慣と言えます。


ちなみに70歳以上の人の場合、男性6,700歩、女性5,900歩程度が一日当たりの目標歩数となっています。これはある程度の基準となる歩数であって、この目標歩数を維持しなければ効果がないということでありません。まずは歩数を意識せず、個々の状況に合わせて無理のない形で歩くことを始めてみましょう。


「10年後も続けている」ということを第一目標に歩きましょう。


歩く距離やスピードは人それぞれ、年齢や体力に応じて違って良いのです。体に合わない歩き方は、むしろ腰や膝を痛めたり転んだりなどの危険を伴い、逆効果となってしまいます。


まずは一週間ほど歩数計などを使って歩き、自分に合った一日あたりの平均歩数を算出してみましょう。あまり歩く習慣がない人は、算出した平均歩数+1000歩を目標にします。半年経って慣れてきたら、さらに+1000歩と無理なく歩数を伸ばして、徐々に年齢に見合った目標歩数に近づけていきましょう。


手軽に始めるなら、散歩・ぶらぶら歩きや一駅歩きなどでしょうか。たくさん歩くことより、長く続けることが大切です。続けやすさを考慮すると一日あたり3km、30分程度がお勧めです。


歩くことを習慣化、長続きさせるコツをご紹介します。


いつも同じところを延々と歩くスタイルは、いずれ歩くことに飽きてきます。いつも新鮮な気持ちで、「歩くことを楽しむ」ことが長く続けるポイントになります。


・たまには、いつもと違う道を通ってみる。

・誰かと一緒におしゃべりしながら歩いてみる。

・神社やお寺、そして橋などを目指したり、訪問してみる。

・歩く道のりで花や鳥の鑑賞・観察をして、その味わいを楽しむ。

・季節で表情を変える自然や景色を楽しみながら歩いてみる。

・知らない場所を地図やハザードマップを意識したり、調べながら歩いてみる。


そして、歩く上で気をつけたいことは、「続ける」ということに囚われすぎないことです。足腰の痛みが強い時や体調が悪い時は、ためらわずに中止し体調が万全になったら再開しましょう。もちろんこの時期、熱中症警報が出ている時も、お休みしましょう。


正しく楽しく無理をせず、五感を使って森・山・街歩きを! そして、生きる力を高めてください!

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍も3年目、今年の夏もコロナ感染と熱中症の両方の予防が必要となってきました。 コロナ感染予防には、ソーシャルディスタンス(身体的距離)の確保と3密(密接、密集、密閉)を避けることが基本、近距離で会話をする時はマスクを着用し、室内ではエアコンを使用中でもこまめな換気を心がけましょう。 熱中症予防には、外出時の帽子・日傘の着用、エアコンなどによる暑さ対策、こまめな水分補給と十分な睡眠を心がけ、暑

梅雨の時期にむくみ、めまい、身体のだるさ、食欲不振などの体調不良を訴える人が増えています。ある調査によると、女性の約6割がそういった不調を感じているようです。 この時期の体調不良を、「湿邪(しつじゃ)」と呼びます。 東洋医学では、病気を引き起こすものを「邪気」と言い、「湿邪」とは、湿度の高い時期に余分な水分や老廃物が体内に溜まることで引き起こされる心身の不調のことです。 体内に溜まった余分な水分や

一年の中でとても気持ちの良い新緑の季節、いろんなところへ出掛けたくなりますね。行きたいところへ行こうと思う時、あなたの身体はきびきびしなやかに動いてくれますか? 加齢とともに動かしにくくなってしまう身体ですが、中にはいくつになってもきびきびしなやかに動ける人もいます。その差は、「身体を動かす4つの力」にあります。 「身体を動かす4つの力」とは― ①身体を長時間楽に動かすための「持久力」 ②身体をス