• 貝島

歩く速度と寿命の関連性について

京大名誉教授、森谷敏夫教授の講座でのお話が参考になると思いますので、こちらでその一部をご紹介します。


アメリカのとある医学部が34000人を対象に、21年間その人たちの日常を追跡するというスケールの大きな研究を行いました。


そして21年間追跡した結果、34000人中17582人の方が亡くなられたそうです。


その医学部は、亡くなられた方々のコレステロール値や歩く速度などを記録しており、そのデータによると、75歳の時点でしっかり歩くことができなかった方々の内、約8割の方が85歳までの間に亡くなられたとのことです。


それに対し、健脚でしっかり歩けていた方々は、87%の方々が85歳まで生きておられました。結局、亡くなられた方々の年齢を最も正確に予測できたのは、他の数値よりも歩く速度でした。


歩くには、かなりのエネルギーが必要で、時速4キロの速さで歩こうと思うと、安静時の3倍ものエネルギーを使います。


エネルギーを供給する肺や心臓が悪くなると、呼吸により体に入る酸素が減り、速く歩くことが難しくなります。また、股関節や膝関節などが悪くなって脚力も低下すると、それによっても歩く速度はかなり落ちます。


人間の体は、腰から下に6割以上の筋肉があります。そして血管は、筋肉が収縮する力によって、血液を心臓に押し返す構造になっています。


歩く速度が落ちると、心臓に返る血液の量が減り、その結果、心臓が弱って死期を早める要因となります。


足腰の筋肉を鍛えるということは、心臓を鍛えることにもつながりますので、しっかり鍛えましょう。そして、歩く時は速度も意識して歩きましょう。


足腰を強化するお勧めの体操


「椅子スクワット」

 

ゆっくり座ってゆっくり立ち上がるを繰り返しましょう。立った状態で行なう

スクワットと違い、膝への負荷も小さく安全に効果的に足腰を鍛えることができます。


「もも上げ運動」


左右のももを交互に上げることで、足腰を支える大臀筋や腸腰筋が刺激されて、

体幹全体を鍛えることができます。


閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

二十四節気の小雪(しょうせつ‐2022年は11月22日)も過ぎ、北の方から雪の便りも聞こえはじめ、朝夕も冷え込みを感じる季節になってきました。今年は夏の暑さが長引き、11月下旬になってようやく紅葉が見ごろとなりましたね。 コロナ禍で思うように外出ができなかった昨今ですが、今は政府も「密にならず、ソーシャルディスタンスを取りながら、外に出かけましょう」と国民に呼びかけています。 最近では、気候の良さ

スポーツの秋、体を動かすにはいい気候になりましたね。人生100年時代と言われ、健康意識向上により平均寿命と健康寿命が毎年延伸しています。 先日、スポーツ庁で4万8千人を対象とした令和3年度体力テストの結果が公開されました。 新型コロナウイルスの影響もあって体力低下の傾向もみられましたが、各年代における運動習慣の年次変化では、65歳~74歳の年代の男性を除く65歳以上のすべての年代において上昇傾向に

朝晩は気温も下がって虫の声も聞こえ始め、徐々に秋のおとずれを感じる季節となりました。 猛暑の上にマスク生活で、夏のお疲れが出ていませんか?スッキリしない季節の変わり目、少しでも快適に過ごせるように、今回はリンパのはなしをしたいと思います。 よく耳にする言葉ですが、皆さんは「リンパ」と聞いて何をイメージしますか?むくみ・冷え・流れ…といったところでしょうか。 リンパとはリンパ管を流れるリンパ液のこと