top of page
  • 執筆者の写真樋口

片足立ちをやってみましょう。

5月中旬、外に出るのも気持ちいい季節になりましたね。


ウォーキングや散歩など、楽しく歩くためには体力や筋力が必要です。足の筋力が低下したり、頑張って歩きすぎると膝痛や腰痛を起こしやすくなります。それらを予防するために、脚の筋力アップができる片足立ちを日常生活に取り入れることをお勧めします。


みなさんは片足立ちをどれくらいできますか?かかしのように一本足で安定して立つことは意外と難しく、片足立ちは一つの健康指標になるそうです。


片足で10秒間立つことができない人は、できる人に比べて10年以内に何らかの原因で死亡するリスクが2倍以上に上昇する恐れがあるとのことです。


片足立ちで、大腿四頭筋・ハムストリング筋・内転筋などが鍛えられ、さらにバランス感覚も身につけることができます。転倒防止には、筋力の他に、バランス能力と柔軟性が必要です。これらが低下すると転倒しやすく、また骨折の可能性も高くなるのです。


片足立ちは、道具も要らない手軽にできる体操なので是非やってみましょう。


①片方の足裏全体で床を感じ、大地を掴むような気持でしっかり立ちましょう。


②片足立ちは、ふらつき・転倒防止のために支えとなるよう椅子や壁の側でやりましょう。


③最初は短い時間でもOKです。徐々に延ばして左右1分間ずつ片足で立てるようにしましょう。


④歯磨きの間、家事の合間、テレビを観ながらなど、片足立ちを日常生活に取り入れる工夫をし、長く続けましょう。


教室で片足立ちを続けている生徒さんの中には、80歳を過ぎてもウォーキングやゴルフや旅行を生き生きと楽しんでる方もいらっしゃいます。片足立ちを毎日続けて元気に歩ける筋力を身につけ、外出を楽しみましょう。 


100歳まで元気に過ごすことを目標に、さあ一緒に体操をはじめましょう。

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

頻繁に足がつるときの対応について

おそらく、誰もが一度は足がつるという経験をしたことがあるのではないでしょうか。 つる部位は、ふくらはぎや足裏が多いと思いますが、突然足がつると痛みが治まるまでしばらく辛いですよね。 足がつる原因は色々ありますが、主なものとしては筋肉の過緊張、脱水(水分・ミネラル不足)、そして冷えなどがあります。 足がつって過緊張の状態を起こしている筋肉は、筋繊維が縮んだまま伸びなくなっていますので、緊張を取り除く

健康を支える歯を守りましょう!

8020(ハチマルニイマル)運動をご存じですか? 「80歳で20本以上の歯を残そう」という歯の健康を推進する活動です。自分の歯が多いほど食事への満足度が高く、さらには全身へのさまざまな健康効果があると言われています。 成人の歯の数は28本(親知らずを入れると32本)、年を重ねても歯がたくさん残っている人は、歯科だけではなく総合的な医療費が少ないことが分かっています。 また、高齢化で増え続けている認

「骨卒中」に気をつけましょう

みなさんは、「骨卒中」という言葉を聞いたことがありますか? 「骨卒中」とは、「骨に突然起こる重篤な障害」を意味する造語です。つまり、高齢者の骨折は、寝たきりになることもあり脳卒中と同様に「ある日突然起きて命を脅かす」ことから「骨卒中」とも呼ばれるそうです。 そして、「骨卒中」の主な原因となるのが骨粗しょう症です。骨粗しょう症は、骨のカルシウム分(骨量)が減り、骨の強度が低下してしまう高齢者に多い病

Comments


bottom of page