top of page
  • 執筆者の写真竹内

盛夏に備えて体を暑さに慣れさせましょう!

みなさんは、「暑熱順化」という言葉をご存知でしょうか?暑熱順化とは、体を徐々に暑さに慣れさせることを言います。その対策としては、運動による方法と、エアコンなどによる環境温度の設定を見直す方法があります。


人間の体には体温調節機能があり、外気温に対して、常に一定の体温(約37℃)が保たれるようになっていますが、急激な温度変化にさらされるとその機能がうまく働かなくなってしまいます。


体の中に熱がこもると熱中症のリスクが高まってしまうので、水分補給・塩分補給はもちろんのこと、普段から温度変化に対応できる体づくりをしておくのも重要になってきます。


・運動による発汗で、体温調節の機能アップをはかる


体を動かして汗をかくことで、体内の血流が増加し、皮膚から熱を発散させる能力が高まります。適度な運動を続けることで、適切な発汗が促され、体温調節が効率よく働くようになります。


・体に負荷をかける温度差を減らす工夫をする


屋外と屋内の温度差が大きいと、体調不良を引き起こしやすくなります。お家周りの環境の工夫(グリーンカーテン、すだれなど)、外出の時間帯やエアコンの温度設定を見直すこともそのリスクを減らすことにつながります。


早朝や夕方以降に自然の風を取り入れたり、耳から涼を感じられる風鈴をぶらさげるなどして、エアコンを使わなくても心地よくいられる工夫をしてみましょう。難しく考えず、まずはできることから始めて、厳しい暑さに適応できる強い体づくりを目指してみてください。



閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「骨卒中」に気をつけましょう

みなさんは、「骨卒中」という言葉を聞いたことがありますか? 「骨卒中」とは、「骨に突然起こる重篤な障害」を意味する造語です。つまり、高齢者の骨折は、寝たきりになることもあり脳卒中と同様に「ある日突然起きて命を脅かす」ことから「骨卒中」とも呼ばれるそうです。 そして、「骨卒中」の主な原因となるのが骨粗しょう症です。骨粗しょう症は、骨のカルシウム分(骨量)が減り、骨の強度が低下してしまう高齢者に多い病

食事を見直して低栄養を予防しましょう

皆さんは、フレイルやサルコペニアという言葉をご存知でしょうか?フレイルとは、身体能力のほか、精神的、社会生活面にも衰えがみられる状態、サルコペニアは、筋肉量が減少し筋力や身体機能が低下している状態を言います。 人生100年時代と言われる今、健康寿命を延ばすことの重要性が高まっており、将来の身体機能障害との関連が深いフレイルとサルコペニアの予防が重要視されています。 厚生労働省の令和元年度の国民健康

健康寿命の要「股関節」のケアについて

股関節は胴体と両足をつなぐ、体の中で最も大きな関節のひとつです。体重を支え、歩く・立つ・しゃがむなど、私たちの脚を前後左右自在に動かすとても重要な役目を果してくれています。 また股関節は、体の中でも最も可動域の大きな関節であり、固くなった状態のまま放置すると、腰や膝の痛み・変形性膝関節症などを引き起こし、生活にも支障をきたす恐れがあります。 さて、皆さんの股関節はどうでしょうか?固くなっていません

Comments


bottom of page