• 竹内

盛夏に備えて体を暑さに慣れさせましょう!

みなさんは、「暑熱順化」という言葉をご存知でしょうか?暑熱順化とは、体を徐々に暑さに慣れさせることを言います。その対策としては、運動による方法と、エアコンなどによる環境温度の設定を見直す方法があります。


人間の体には体温調節機能があり、外気温に対して、常に一定の体温(約37℃)が保たれるようになっていますが、急激な温度変化にさらされるとその機能がうまく働かなくなってしまいます。


体の中に熱がこもると熱中症のリスクが高まってしまうので、水分補給・塩分補給はもちろんのこと、普段から温度変化に対応できる体づくりをしておくのも重要になってきます。


・運動による発汗で、体温調節の機能アップをはかる


体を動かして汗をかくことで、体内の血流が増加し、皮膚から熱を発散させる能力が高まります。適度な運動を続けることで、適切な発汗が促され、体温調節が効率よく働くようになります。


・体に負荷をかける温度差を減らす工夫をする


屋外と屋内の温度差が大きいと、体調不良を引き起こしやすくなります。お家周りの環境の工夫(グリーンカーテン、すだれなど)、外出の時間帯やエアコンの温度設定を見直すこともそのリスクを減らすことにつながります。


早朝や夕方以降に自然の風を取り入れたり、耳から涼を感じられる風鈴をぶらさげるなどして、エアコンを使わなくても心地よくいられる工夫をしてみましょう。難しく考えず、まずはできることから始めて、厳しい暑さに適応できる強い体づくりを目指してみてください。



17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「飲み込み力」をアップさせましょう。

最近、「食事中にむせやすくなった」「咳払いが増えた」と感じる人は、喉の機能である「飲み込み力」が衰えているかもしれません。 【飲み込み力低下のサイン】 ・食事中にむせやすくなる ・喉が詰まるような感じがする ・咳払いが増える ・唾液が喉にたまる 「飲み込み力」は60代から低下するのが一般的ですが、40代から喉ぼとけの位置が徐々に下がっていくため、喉の筋肉は40代から衰え始め、60代を過ぎると急激に

はじめよう!フレイル予防 『オーラルフレイル』

80歳で20本の歯を有している人、つまり8020運動の達成者は、すでに2人に1人と、5割を超えています。 しかし平均寿命が男女とも80歳を超え、健康寿命の延伸の重要性が問われている現在、歯の本数だけではなく、それに加えて“口の動き(口腔機能)の衰え”を軽視しないことの重要性が注目され「オーラルフレイル」という概念が提案されています。 オーラルフレイルとは、口の機能の虚弱や衰えが全身の老化につながる

『高齢者の低栄養傾向 80歳以上で約2割』

厚生労働省の「高齢者の健康・生活習慣の状況が重点的に調査されたデータ」によると、特に男性高齢者の低栄養傾向が見えてきました。この低栄養傾向は、筋肉量に支障をきたしフレイルの引き金になって行きます。 ※フレイルとは、加齢に伴い身体の予備能力が低下し、健康障害を起こしやすくなった状態を言います。※3月の記事「コロナ禍の中で春を迎えて」を参照 手足や体を動かす骨格筋指数の平均値は、男女ともに、たんぱく質