https://m153859.freecalend.com/calmem_index
 
  • 竹内

盛夏に備えて体を暑さに慣れさせましょう!

みなさんは、「暑熱順化」という言葉をご存知でしょうか?暑熱順化とは、体を徐々に暑さに慣れさせることを言います。その対策としては、運動による方法と、エアコンなどによる環境温度の設定を見直す方法があります。


人間の体には体温調節機能があり、外気温に対して、常に一定の体温(約37℃)が保たれるようになっていますが、急激な温度変化にさらされるとその機能がうまく働かなくなってしまいます。


体の中に熱がこもると熱中症のリスクが高まってしまうので、水分補給・塩分補給はもちろんのこと、普段から温度変化に対応できる体づくりをしておくのも重要になってきます。


・運動による発汗で、体温調節の機能アップをはかる


体を動かして汗をかくことで、体内の血流が増加し、皮膚から熱を発散させる能力が高まります。適度な運動を続けることで、適切な発汗が促され、体温調節が効率よく働くようになります。


・体に負荷をかける温度差を減らす工夫をする


屋外と屋内の温度差が大きいと、体調不良を引き起こしやすくなります。お家周りの環境の工夫(グリーンカーテン、すだれなど)、外出の時間帯やエアコンの温度設定を見直すこともそのリスクを減らすことにつながります。


早朝や夕方以降に自然の風を取り入れたり、耳から涼を感じられる風鈴をぶらさげるなどして、エアコンを使わなくても心地よくいられる工夫をしてみましょう。難しく考えず、まずはできることから始めて、厳しい暑さに適応できる強い体づくりを目指してみてください。



28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬は便秘にご用心!

寒さが厳しい季節には、便秘になりやすい要因がいくつかあります。 血行不良と水分不足 冬は体が冷えやすく、血行不良などで腸の働きが鈍くなります。また、空気が乾燥しているので、意識して水分補給をしないと体は水分不足になり、大腸まで水分が届きにくく便が固くなって便通が悪くなります。 運動不足と過度な飲酒 何かと多忙な年末年始は、ついついトイレを我慢したり、運動不足などで、便秘体質の人は症状をさらに進行さ

握る力を鍛えて健康を維持しましょう

手で物を握る力のことを「握力」と言い、その強さは握力計で測定することができます。(一般的には体育施設、教育施設、健康センター、病院などで測ることができます) 平成30年度にスポーツ庁が実施した調査によると、性別の平均握力は以下のようになります。 男性の平均握力は20~24歳の成人で45.97kg、そのピークは35~39歳で、47.14kgまでアップします。その後、加齢に伴い平均握力は低下し、65~

温活で冬もぽかぽか元気生活

あなたは冷え症ではないですか? 「冷え」とは、血液循環が悪く、新陳代謝が低下している状態、身体が産生する熱量が低い状態のことです。 身体が冷えると、手足の指先が冷たくなる、肩が凝る、頭痛が起きる、足がむくむなどの不快な症状に悩まされたり、基礎代謝が下がって太りやすくなったりします。また、冷えにより、自律神経やホルモンなどが乱れると、心にも不調をきたす場合があります。 運動不足による筋肉量の低下、エ