• 樋口

秋の疲れに気をつけましょう!

今年の夏は、長雨続きでお日様を見ることが少なく、涼しい日が続いて比較的過ごしやすい夏でした。


ただ近年は、夏から秋にかけて「体がだるい」「疲れが取れない」などの体調不良を訴える人が増えているようです。


あまり耳馴染みのない言葉ですが、それはもしかしたら「秋バテ」かもしれません。


「夏バテ」と「秋バテ」は、症状が似ていますが、簡単に言うと夏の疲れが体の中に溜まった状態が「夏バテ」で、それをいつまでも引きずって起こるのが「秋バテ」と言われるものです。


体は、自然環境に合わせてうまくバランスをとり健康を維持していますが、秋に入り涼しくなったころに夏の疲れがどっと出て、気候の変化に体がうまく順応できずに症状としてあらわれるのが「秋バテ」です。


「秋バテ」の症状には、次のようなものがあります。


・だるい、疲れる

・食欲不振 

・胃腸の不調

・立ちくらみ、めまい

・肩こり、頭痛

・朝すっきり起きれない


そういった症状がある方は、「秋バテ」対策をし、自律神経を整えて1日も早く元気な体を取り戻しましょう。


「秋バテ」対策のポイント


1. 質の良い睡眠をとり、体内時計を整える


早寝早起きの生活リズムにし、寝る1時間前のスマホやPCの作業を控えましょう。


2. 毎日の入浴で体を温める


38度~40度の中温程度で、10分~30分かけてゆっくり体の芯から温まりましょう。


3. 適度な運動をする


普段使っていない筋肉を使うと、筋肉がほぐれて血行が良くなります。また、心地よいと感じる運動は、疲労物質や老廃物も排出しやすくなり体も鍛えられるので、内臓の働きも活発になって副交感神経も働きやすくなります。


ウォーキングや手軽にできる足裏ほぐし、腕振りや手のマッサージなどで体のコリや張りを取って体調を改善し、スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋など、これから色々な秋を存分に楽しみましょう。


16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

夏バテ対策をしましょう!

猛暑に加えてコロナ禍でマスクをつけての不便な日常が続き、体への負担は大きいと思います。夏バテされていませんか? 夏バテとは、猛暑により体のバランスを整える自律神経が乱れ、食欲がない、いつまでも疲れが取れない、病気じゃないけどずっと調子が悪いなどの症状を起こすことです。 まだまだしばらくは暑い日が続きます。日常生活にちょっとした工夫を取り入れ、生活のリズムを整えて、しっかり夏バテ対策をしましょう。

コロナ禍の中で春を迎えて

今年の冬は寒さが厳しく、日本海側は北海道から山陰にかけて大雪が降りました。コロナ禍による外出自粛で、ますます家に閉じこもることになり、この冬は、体を動かすことがとても減ったのではないでしょうか? 私の周りにも、病院に行った時にたまたま検査を勧められ、骨粗鬆症が分かった人や、お母様の介護のために月に2~3回通っていた体操教室を3か月間休むことになり、その間に足腰が弱って、些細なことで足首をひねって骨

運動不足になっていませんか?

運動をすると、セロトニンというホルモンの分泌が促されます。セロトニンは、精神の安定を図って気分を高揚させる働きがあり、日常のストレスから心身を守ります。運動不足が続くと、セロトニンの分泌量が減少し、うつ病などの精神疾患になるリスクが高まってしまうことがあります。 コロナの影響でどうしても活動が制限されていますが、運動不足は、体にさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。外に出なくても自宅で簡単にでき