top of page
  • 執筆者の写真樋口

秋の疲れに気をつけましょう!

今年の夏は、長雨続きでお日様を見ることが少なく、涼しい日が続いて比較的過ごしやすい夏でした。


ただ近年は、夏から秋にかけて「体がだるい」「疲れが取れない」などの体調不良を訴える人が増えているようです。


あまり耳馴染みのない言葉ですが、それはもしかしたら「秋バテ」かもしれません。


「夏バテ」と「秋バテ」は、症状が似ていますが、簡単に言うと夏の疲れが体の中に溜まった状態が「夏バテ」で、それをいつまでも引きずって起こるのが「秋バテ」と言われるものです。


体は、自然環境に合わせてうまくバランスをとり健康を維持していますが、秋に入り涼しくなったころに夏の疲れがどっと出て、気候の変化に体がうまく順応できずに症状としてあらわれるのが「秋バテ」です。


「秋バテ」の症状には、次のようなものがあります。


・だるい、疲れる

・食欲不振 

・胃腸の不調

・立ちくらみ、めまい

・肩こり、頭痛

・朝すっきり起きれない


そういった症状がある方は、「秋バテ」対策をし、自律神経を整えて1日も早く元気な体を取り戻しましょう。


「秋バテ」対策のポイント


1. 質の良い睡眠をとり、体内時計を整える


早寝早起きの生活リズムにし、寝る1時間前のスマホやPCの作業を控えましょう。


2. 毎日の入浴で体を温める


38度~40度の中温程度で、10分~30分かけてゆっくり体の芯から温まりましょう。


3. 適度な運動をする


普段使っていない筋肉を使うと、筋肉がほぐれて血行が良くなります。また、心地よいと感じる運動は、疲労物質や老廃物も排出しやすくなり体も鍛えられるので、内臓の働きも活発になって副交感神経も働きやすくなります。


ウォーキングや手軽にできる足裏ほぐし、腕振りや手のマッサージなどで体のコリや張りを取って体調を改善し、スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋など、これから色々な秋を存分に楽しみましょう。


閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

風邪で長引く咳を緩和するには

2024年も気がつけば2月になりました。寒い時期ですが、体調を崩されたりしていませんか? 年明けに「風邪をひいて咳が治まらないのでお休みします」と連絡をくださった会員さんが数名いらしたので、今回は咳対策について書きたいと思います。 人は、空気の通り道である気道に異物が侵入した時、それを外に出そうと咳をします。つまり、咳は埃や細菌、ウイルスなどの異物が体の中に入らないようにするための防衛反応なのです

尿もれ対策をしましょう!

なかなか人には相談できずに悩んでいる人が意外と多い尿もれ、でも原因を知ることで解決策も見えてきます。 女性は男性に比べて尿道が短い上に、妊娠や出産の影響もあり、尿もれの悩みは女性の方が断然多いと言われています。 40代では3割の人に自覚症状があり、実は20代にも尿もれ経験者が多いことが分かっています。尿もれは、女性にとって年代を問わない身近な悩みと言えそうです。 尿もれ-女性に多い2つのタイプ-

握力・筋力アップで元気に過ごしましょう

今年は、新型コロナが2類から5類に移行して、社会も少し落ち着いてきましたね。 そんな中、最近よく耳にするのが 「ペットボトルのふたが開けにくくなった」、「買い物の荷物を長く持つのが辛くなった」、「雑巾(布巾)を硬く絞れなくなった」などの話です。 コロナ禍で外出や運動をする機会が減り、それが筋力や握力の低下につながっているのではないかと思います。 秋になり、教室で2年ぶりに体力測定を行いましたが、体

bottom of page