• 川村

筋トレのすすめ

更新日:2021年1月7日

新年あけましておめでとうございます。2021年がスタートしました。皆様、いかがお過ごしでしょうか?

昨年は、思いもよらぬ出来事が世界中に起こった激動の一年でした。新型コロナウィルス感染拡大の影響で、外出自粛や在宅勤務など人との接触を控える行動様式が広がりました。


今もなお、人との接触を控える傾向が強まっていますが、運動不足が長期化すると、健康状態が悪化し、免疫力も低下しかねません。


また、運動能力の低下だけでなく、人との交流がなくなると、鬱が進んだり、認知機能が低下するリスクも高まります。


そこで私たちがすぐにできる運動不足の対策として、まずは一定距離を歩くこと。1日平均7000歩以上を目標にするといいでしょう。しかし、歩くだけでは、高齢者特有の筋力の衰えは防ぐことはできません。

一般的に、60歳代で、30歳代にあった筋肉は40%も減ってしまうと言われています。スムーズに立ち座りができ、横断歩道を青信号で渡り切れる筋力を維持することが必要です。筋肉は貯金ができないので、コツコツと筋トレを継続することが何よりも大事です。


例えば、椅子に座って、膝伸ばし、もも上げ、椅子の背もたれを持ってスクワットなど。もちろん、貯金運動も効果的です。コロナ禍であっても運動は大切!感染予防、認知症予防、楽しい生活もすべて目指して、元気に明るく過ごしていきましょう。


今年もフィット&ヘルスカンパニーは、体と心の健康づくりを全力でサポートいたします。


本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月も終わりに近づき、日中は夏のように暑い日もあれば、雨が降るとまだ寒い日もあって、洋服選びにも困ることがありますね。 昔は、「季節の変わり目」に体調を崩すとよく言われていましたが、みなさんは大丈夫でしょうか。 「寒暖差疲労」という言葉をご存知ですか?気温差が大きい為に体温を調整する自律神経が過剰に働き、体が疲れてしまうことを言います。主な症状として、冷え、肩こり、首こり、頭痛、めまい、倦怠感など

春になると、決まって毎日の天気予報で花粉飛散の情報が流れ、花粉症の薬や目薬のCMも多くなりますね。 2019年の環境省の花粉症環境保健マニュアルに、全国耳鼻咽喉科とその家族を対象とした調査が掲載されていました。 日本で花粉症の症状を持っている人の正確な数はわかっていませんが、1998年の花粉症有病率は約20%、2008年は約30%でした。この傾向から推測すると、現在は恐らくもう少し上がっているので

寒さが厳しい季節には、便秘になりやすい要因がいくつかあります。 血行不良と水分不足 冬は体が冷えやすく、血行不良などで腸の働きが鈍くなります。また、空気が乾燥しているので、意識して水分補給をしないと体は水分不足になり、大腸まで水分が届きにくく便が固くなって便通が悪くなります。 運動不足と過度な飲酒 何かと多忙な年末年始は、ついついトイレを我慢したり、運動不足などで、便秘体質の人は症状をさらに進行さ