• 川村

筋トレのすすめ

最終更新: 1月7日

新年あけましておめでとうございます。2021年がスタートしました。皆様、いかがお過ごしでしょうか?

昨年は、思いもよらぬ出来事が世界中に起こった激動の一年でした。新型コロナウィルス感染拡大の影響で、外出自粛や在宅勤務など人との接触を控える行動様式が広がりました。


今もなお、人との接触を控える傾向が強まっていますが、運動不足が長期化すると、健康状態が悪化し、免疫力も低下しかねません。


また、運動能力の低下だけでなく、人との交流がなくなると、鬱が進んだり、認知機能が低下するリスクも高まります。


そこで私たちがすぐにできる運動不足の対策として、まずは一定距離を歩くこと。1日平均7000歩以上を目標にするといいでしょう。しかし、歩くだけでは、高齢者特有の筋力の衰えは防ぐことはできません。

一般的に、60歳代で、30歳代にあった筋肉は40%も減ってしまうと言われています。スムーズに立ち座りができ、横断歩道を青信号で渡り切れる筋力を維持することが必要です。筋肉は貯金ができないので、コツコツと筋トレを継続することが何よりも大事です。


例えば、椅子に座って、膝伸ばし、もも上げ、椅子の背もたれを持ってスクワットなど。もちろん、貯金運動も効果的です。コロナ禍であっても運動は大切!感染予防、認知症予防、楽しい生活もすべて目指して、元気に明るく過ごしていきましょう。


今年もフィット&ヘルスカンパニーは、体と心の健康づくりを全力でサポートいたします。


本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍の中で春を迎えて

今年の冬は寒さが厳しく、日本海側は北海道から山陰にかけて大雪が降りました。コロナ禍による外出自粛で、ますます家に閉じこもることになり、この冬は、体を動かすことがとても減ったのではないでしょうか? 私の周りにも、病院に行った時にたまたま検査を勧められ、骨粗鬆症が分かった人や、お母様の介護のために月に2~3回通っていた体操教室を3か月間休むことになり、その間に足腰が弱って、些細なことで足首をひねって骨

運動不足になっていませんか?

運動をすると、セロトニンというホルモンの分泌が促されます。セロトニンは、精神の安定を図って気分を高揚させる働きがあり、日常のストレスから心身を守ります。運動不足が続くと、セロトニンの分泌量が減少し、うつ病などの精神疾患になるリスクが高まってしまうことがあります。 コロナの影響でどうしても活動が制限されていますが、運動不足は、体にさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。外に出なくても自宅で簡単にでき

寒さによる免疫力低下を予防しましょう

12月に入り寒さも厳しくなってきました。 何かと忙しく、疲れも出やすい時期です。それに加え新型コロナウィルスで誰もが体験したことのない冬を過ごすことになります。やはり、自分の身体は自分で守る免疫力アップには日頃の生活習慣が大事ですね。 免疫力アップには ◎バランスの良い食事 ◎適度な運動 ◎質の良い睡眠 「冬で摂りたい食材」 東洋医学で冬は「腎」の働きが弱くなるといわれています。腎とは生命エネルギ