• 川村

身体を動かす4つの力

一年の中でとても気持ちの良い新緑の季節、いろんなところへ出掛けたくなりますね。行きたいところへ行こうと思う時、あなたの身体はきびきびしなやかに動いてくれますか?


加齢とともに動かしにくくなってしまう身体ですが、中にはいくつになってもきびきびしなやかに動ける人もいます。その差は、「身体を動かす4つの力」にあります。


「身体を動かす4つの力」とは―


①身体を長時間楽に動かすための「持久力」


②身体をスムーズに動かすための「筋力」


③身体を思い通りに動かすための「バランス力」


④身体をしなやかに動かすための「柔軟性」


皆さんは、4つの力を意識して生活していますか?日常生活の中で、それらを鍛える方法をご提案します。


それらを鍛えて、いつまでも健やかでいきいきとした人生を送りましょう。(*持病や身体に痛みのある人は、医師などの専門家に相談してから行ってください。)


「持久力」は、ウォーキング・水泳・サイクリングなどの有酸素運動で


たまには、車ではなく自転車や歩きで出かけてみる


「筋力」は、スクワット・ダンベル・かかとの上げ下げなどの筋力トレーニングで


歯磨きをしながら、かかとの上げ下げやつま先立ちをしてみる


テレビを見ながら、スクワットをしてみる


腹筋をしっかり使いながら、腹式呼吸をしてみる


外出時は、エレベーターやエスカレーターではなく階段を使ってみる


座っている時に足を浮かせてみる


「バランス力」は、片脚立ち・バランスボールなどのバランス運動で


歯磨きしながら、片脚立ちしてみる


テレビを見ながら、バランスボールに座わってみる


電車やバスでは、つり革を軽く持って揺れに耐えてみる



「柔軟性」は前屈・屈伸・開脚・腰ひねりなどのストレッチで

 

テレビを見ながら、ストレッチをしてみる


座っている時に足首を回してみる


「身体を動かす4つの力」は、いくつになっても鍛えることができます。そして、この4つの力がすべて揃っていると、太りにくい・疲れにくい・怪我をしにくい・若々しい・生活習慣病になりにくいなど、良いことがたくさんあります。


健やかでいきいきとした人生を送るために、普段の暮らしの中で、無理せず、自分のペースでできることから始めてみませんか。日々の小さな積み重ねが大きな成果を生み出します。


閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

二十四節気の小雪(しょうせつ‐2022年は11月22日)も過ぎ、北の方から雪の便りも聞こえはじめ、朝夕も冷え込みを感じる季節になってきました。今年は夏の暑さが長引き、11月下旬になってようやく紅葉が見ごろとなりましたね。 コロナ禍で思うように外出ができなかった昨今ですが、今は政府も「密にならず、ソーシャルディスタンスを取りながら、外に出かけましょう」と国民に呼びかけています。 最近では、気候の良さ

スポーツの秋、体を動かすにはいい気候になりましたね。人生100年時代と言われ、健康意識向上により平均寿命と健康寿命が毎年延伸しています。 先日、スポーツ庁で4万8千人を対象とした令和3年度体力テストの結果が公開されました。 新型コロナウイルスの影響もあって体力低下の傾向もみられましたが、各年代における運動習慣の年次変化では、65歳~74歳の年代の男性を除く65歳以上のすべての年代において上昇傾向に

朝晩は気温も下がって虫の声も聞こえ始め、徐々に秋のおとずれを感じる季節となりました。 猛暑の上にマスク生活で、夏のお疲れが出ていませんか?スッキリしない季節の変わり目、少しでも快適に過ごせるように、今回はリンパのはなしをしたいと思います。 よく耳にする言葉ですが、皆さんは「リンパ」と聞いて何をイメージしますか?むくみ・冷え・流れ…といったところでしょうか。 リンパとはリンパ管を流れるリンパ液のこと