top of page
  • 執筆者の写真川村

身体を動かす4つの力

一年の中でとても気持ちの良い新緑の季節、いろんなところへ出掛けたくなりますね。行きたいところへ行こうと思う時、あなたの身体はきびきびしなやかに動いてくれますか?


加齢とともに動かしにくくなってしまう身体ですが、中にはいくつになってもきびきびしなやかに動ける人もいます。その差は、「身体を動かす4つの力」にあります。


「身体を動かす4つの力」とは―


①身体を長時間楽に動かすための「持久力」


②身体をスムーズに動かすための「筋力」


③身体を思い通りに動かすための「バランス力」


④身体をしなやかに動かすための「柔軟性」


皆さんは、4つの力を意識して生活していますか?日常生活の中で、それらを鍛える方法をご提案します。


それらを鍛えて、いつまでも健やかでいきいきとした人生を送りましょう。(*持病や身体に痛みのある人は、医師などの専門家に相談してから行ってください。)


「持久力」は、ウォーキング・水泳・サイクリングなどの有酸素運動で


たまには、車ではなく自転車や歩きで出かけてみる


「筋力」は、スクワット・ダンベル・かかとの上げ下げなどの筋力トレーニングで


歯磨きをしながら、かかとの上げ下げやつま先立ちをしてみる


テレビを見ながら、スクワットをしてみる


腹筋をしっかり使いながら、腹式呼吸をしてみる


外出時は、エレベーターやエスカレーターではなく階段を使ってみる


座っている時に足を浮かせてみる


「バランス力」は、片脚立ち・バランスボールなどのバランス運動で


歯磨きしながら、片脚立ちしてみる


テレビを見ながら、バランスボールに座わってみる


電車やバスでは、つり革を軽く持って揺れに耐えてみる



「柔軟性」は前屈・屈伸・開脚・腰ひねりなどのストレッチで

 

テレビを見ながら、ストレッチをしてみる


座っている時に足首を回してみる


「身体を動かす4つの力」は、いくつになっても鍛えることができます。そして、この4つの力がすべて揃っていると、太りにくい・疲れにくい・怪我をしにくい・若々しい・生活習慣病になりにくいなど、良いことがたくさんあります。


健やかでいきいきとした人生を送るために、普段の暮らしの中で、無理せず、自分のペースでできることから始めてみませんか。日々の小さな積み重ねが大きな成果を生み出します。


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

頻繁に足がつるときの対応について

おそらく、誰もが一度は足がつるという経験をしたことがあるのではないでしょうか。 つる部位は、ふくらはぎや足裏が多いと思いますが、突然足がつると痛みが治まるまでしばらく辛いですよね。 足がつる原因は色々ありますが、主なものとしては筋肉の過緊張、脱水(水分・ミネラル不足)、そして冷えなどがあります。 足がつって過緊張の状態を起こしている筋肉は、筋繊維が縮んだまま伸びなくなっていますので、緊張を取り除く

健康を支える歯を守りましょう!

8020(ハチマルニイマル)運動をご存じですか? 「80歳で20本以上の歯を残そう」という歯の健康を推進する活動です。自分の歯が多いほど食事への満足度が高く、さらには全身へのさまざまな健康効果があると言われています。 成人の歯の数は28本(親知らずを入れると32本)、年を重ねても歯がたくさん残っている人は、歯科だけではなく総合的な医療費が少ないことが分かっています。 また、高齢化で増え続けている認

「骨卒中」に気をつけましょう

みなさんは、「骨卒中」という言葉を聞いたことがありますか? 「骨卒中」とは、「骨に突然起こる重篤な障害」を意味する造語です。つまり、高齢者の骨折は、寝たきりになることもあり脳卒中と同様に「ある日突然起きて命を脅かす」ことから「骨卒中」とも呼ばれるそうです。 そして、「骨卒中」の主な原因となるのが骨粗しょう症です。骨粗しょう症は、骨のカルシウム分(骨量)が減り、骨の強度が低下してしまう高齢者に多い病

Comments


bottom of page