top of page
  • 執筆者の写真中村

「飲み込み力」をアップさせましょう。


最近、「食事中にむせやすくなった」「咳払いが増えた」と感じる人は、喉の機能である「飲み込み力」が衰えているかもしれません。


【飲み込み力低下のサイン】


・食事中にむせやすくなる

・喉が詰まるような感じがする

・咳払いが増える

・唾液が喉にたまる


「飲み込み力」は60代から低下するのが一般的ですが、40代から喉ぼとけの位置が徐々に下がっていくため、喉の筋肉は40代から衰え始め、60代を過ぎると急激に低下します。


加齢と共に下がる喉ぼとけの位置を維持するためには、喉の筋肉を鍛えることが大切です。食べ物を飲み込むときに、喉に手を当てると、喉ぼとけが上下に動き、あごの下に力が入るのが分かります。そのときの喉の動きがイメージできたら、先ずは飲食において、意識的に飲み込む動作を行ない、次第に何もなくても「ごっくん」と飲み込む動作ができるようにしていきましょう。


【喉の筋肉を鍛える体操】


①首と口周りの体操

肩の力を抜いて、首を前後左右に動かしたり回したりしましょう。頬を膨らましたりすぼめたり、また舌を大きく前後に出したり引っ込めたりしましょう。


②おでこやあごを押さえて喉の筋肉を鍛える体操


おでこを手で押さえながら、自分のおへそを覗きこむように下を向きましょう。または、あごを手で押し上げながら下を向きましょう。どちらの場合も喉に力を入れることを意識しながら、手の動きに抵抗して下を向くことにより、喉の筋肉を鍛えることができます。


③「パ、タ、カ、ラ」と声を出して筋力アップ


「パ」は唇、「タ」は舌の筋力を鍛え、「カ」で食道につながる喉の奥を動かします。「ラ」は食べ物を喉に送る舌の動きを鍛えます。


舌筋は喉と直接つながっており、舌筋が衰えると舌が下がって口呼吸になる上に、舌を巻き込まなければ、飲み込むこともできません。舌筋を鍛えることも大事で、舌を刺激することで唾液も分泌されます。


気管と食道の分岐点には喉頭蓋(こうとうがい)という蓋があり、食べ物を飲み込むときには、瞬時に気管に蓋をして、食べ物が気管に入らなようにして食道へと送ります。


しかし、「飲み込み力」が衰えると、食べた物や飲んだ物が誤って気管に入ってしまうことがあります。これを誤嚥と呼び、誤嚥が起こったときに唾液や食べ物に含まれる細菌が気管を通って肺まで届き、中で炎症が起こることを誤嚥性肺炎といいます。


意識的に喉頭を動かして「飲み込み力」がアップすれば、食事中の誤嚥はもちろん、唾液が喉の中にたまりにくくなり、就寝中の誤嚥も起きにくくなります。


何もしなければ衰えてしまう「飲み込み力」をアップさせ、誤嚥性肺炎のリスクを減らしましょう。


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「骨卒中」に気をつけましょう

みなさんは、「骨卒中」という言葉を聞いたことがありますか? 「骨卒中」とは、「骨に突然起こる重篤な障害」を意味する造語です。つまり、高齢者の骨折は、寝たきりになることもあり脳卒中と同様に「ある日突然起きて命を脅かす」ことから「骨卒中」とも呼ばれるそうです。 そして、「骨卒中」の主な原因となるのが骨粗しょう症です。骨粗しょう症は、骨のカルシウム分(骨量)が減り、骨の強度が低下してしまう高齢者に多い病

食事を見直して低栄養を予防しましょう

皆さんは、フレイルやサルコペニアという言葉をご存知でしょうか?フレイルとは、身体能力のほか、精神的、社会生活面にも衰えがみられる状態、サルコペニアは、筋肉量が減少し筋力や身体機能が低下している状態を言います。 人生100年時代と言われる今、健康寿命を延ばすことの重要性が高まっており、将来の身体機能障害との関連が深いフレイルとサルコペニアの予防が重要視されています。 厚生労働省の令和元年度の国民健康

健康寿命の要「股関節」のケアについて

股関節は胴体と両足をつなぐ、体の中で最も大きな関節のひとつです。体重を支え、歩く・立つ・しゃがむなど、私たちの脚を前後左右自在に動かすとても重要な役目を果してくれています。 また股関節は、体の中でも最も可動域の大きな関節であり、固くなった状態のまま放置すると、腰や膝の痛み・変形性膝関節症などを引き起こし、生活にも支障をきたす恐れがあります。 さて、皆さんの股関節はどうでしょうか?固くなっていません

Commenti


bottom of page